オルファクトグラム(井上夢人・講談社文庫)

2005年2月に文庫化された作品で店頭にあるのはずっと知ってました。
井上作品ということで面白いに違いない、と思ってみるものの、
「イヌ並みの嗅覚を持つ主人公が事件を追う・・」という設定にどうも手が伸びず・・・
なんか嗅覚の表現って魅力感じなかったんですよ。
イヌみたいにクンクン地面を嗅ぎ回って事件解決?
地味だし、リアリティなさそーっ・・・って。

ゴメンなさい、本当にゴメンなさい。
早く読まなかった私は大馬鹿モノです!!

研ぎ澄まされた嗅覚、匂いをこんなふうに描写するなんて
井上夢人はスゴイ!スゴすぎる!!
見えないからこそ表現する言語も発達していない匂いの世界を
こんなにもありありと美しく私たちに見せてくれるなんて!
その創造力の素晴らしさ、確かな描写力に改めて感激してしまいました。
しかも、その「匂いを視覚化する」というアイディアに溺れることなく、
いつの間にか、素晴らしいラブストーリーのためのファクターの一つにまで
昇華させているところがスゴイです。

これは傑作だと思います!(読後で高揚しすぎ?^^;)

異能力を身に付けた主人公というとココ一番というときに
都合の良い活躍をしてしまいがちですが、そんないかがわしさは全然なく、
地に足のついた等身大の主人公がとても好ましく応援したくなります。

人生の価値観が思いっきり変わってしまった主人公の
「一人ぽっち」になってしまう孤独感が切なく胸に迫ります。
感動的かつ温かな気持ちになれるラストシーン・・・。

井上作品はみなラストが素晴らしいけど、この作品は秀逸です。
愛にあふれています。
このラストに向かって、このラストのために登場人物たちの苦悩が
あったんだな、と。

2001年度「このミス」第4位作品。
[PR]

by marin_star | 2005-07-11 23:55 | 井上夢人  

<< 風精<ゼフィルス>... 廃用身(久坂部羊・幻冬舎文庫) >>