チルドレン(伊坂幸太郎・講談社文庫)

2006年に単行本を読了したのですが、確か「アヒルと鴨の~」の初読の後で
何か物足りなさを感じてしまい・・・
(「アヒルと鴨の~」は本当に衝撃的な感動作だったので。)
伊坂作品の中でも特に人気の作品なのにタイミングが悪かっただけ!と思いなおし、
文庫化されてからすぐ、そしてついこの間3回めを再読。
ようやくこの作品を楽しんで読むことができたので、レビュー書きます^^;


陣内のキャラがやはり秀逸ですね。
ふだんはメチャクチャなことを言ったり、いい加減で自己中心的で
周りを振り回すちょっと厄介なキャラなんだけど、
時折見せる“満塁逆転ホームラン”的な言葉や態度が
ものすごくまっとうで、自然体が心地よくて、爽快なんですよね。

生まれつき目の見えない永瀬が見知らぬおばさんから
「がんばってね」と5,000札を握らされた時、
「なんでおまえだけ。ずるいだろ!」と本気で怒る陣内とか。
笑っちゃうほどの子どもっぽい態度の芯には、
生まれつきの障害=ハンデ・同情とは捉えない、本当の意味でボーダーを引かない、
これ以上ない人間としてまっとうな精神が宿っていて、
私たちは「差別・平等」ということに対して難しく頭の中だけで考えすぎ、
どこか勘違いしていることを思い知らされます。

こういうことをサラリと書いてしまう伊坂節はやっぱりスゴイ。

そして、何気ない会話やエピソードの一つ一つが相変わらず、素晴らしい。
どのページをめくっても、お気に入りの台詞や場面がいっぱいなんだけど、
中でも、家裁調査官の少年係となった陣内が、酔っ払って少年法を批判する
サラリーマンに絡まれたときに発したこの言葉が最高!

「俺たちは奇跡を起こすんだ。」
「ところであんたたちの仕事では奇跡は起こせるのか?」


伊坂さんは人間としての尊厳というのをすごく大事にしている作家さんだと思います。
「重力ピエロ」や「アヒルと鴨~~」「オーデュボンの祈り」なんかにも
その思想は貫かれていると思いますが、この本でも、父としての尊厳を
守るために、ふだんはいい加減な仕事っぷりの陣内が珍しく世話を焼いたりします。

5篇の短編が年代を前後しながら連なっていく連作集なので、
「どの年代の陣内なのか」を意識しながら読むと分かりやすいと思います。
(初読ではそれがイマイチ掴めず、「????」って感じになっちゃいました^^;)


読み返すたびに味わいと愛着が湧いてくる・・・そんな一冊。
初読だけでやめずによかった!
今では大好きな一冊になりました。
[PR]

# by marin_star | 2007-10-23 23:23 | 伊坂幸太郎  

FRY(新野剛志・文春文庫)

新野さん初作品です。

江戸川乱歩賞受賞作家さんなんですね。実は全然知らなくて・・・
店頭でふと手に取り、恋人を目の前で殺された男が15年かけて犯人を追う・・という
骨太の設定と、パラパラと拾い読みしてみたらグッと惹き込まれそうな感覚が
あったので、買ってみました。

正解!!

すごく面白かったです。
私、けっこう、こういう暗めの執念が滲み出るような話が好きなのかも・・^^;


17歳の高校生だった向井は、ボクシングの自主トレで走りに行く高台の公園で
九州一周の旅行中で公園にテントを張って寝泊りしているという中年の男に出会う。
優しい目をして話しかけるその男は指名手配中の殺人犯・戸浦だった。
それに気づいた向井は警察に通報するが戸浦は逃走、
それを逆恨みされ、向井は目の前で恋人の佳奈を刺し殺されてしまう。。。

一方、戸浦の愛娘・祥子は、殺人犯の娘として自分の夢も恋もあきらめ、
他人とも距離をおいてひっそりと暮らしている。
同じバイト先の俊介は祥子に想いを寄せるが、祥子に付きまとう向井の存在を知り、
向井・戸浦の執念の関係の中に引きずり込まれるように関わっていくことになる。

これに、向井と同郷の人気アーティスト・美咲、美咲の母の愛人・松永、
高校時代に佳奈に想いを寄せていた相田が登場し、
物語は15年の歳月をかけてじわじわと絡みあい、グイグイと読ませていきます。

向井の執念。
あまりに残酷な形で突然終わってしまった17歳の少年の純朴な恋は、
ここまで人を追い詰め、変えてしまうのか。。。
無表情で何かに突き動かされるように祥子につきまとい、
戸浦を探し続ける向井。


ラストに向かって徐々に明らかになっていく真相はまさに衝撃でした。
生きるために歌手になるしかなかった美咲の人生も、あまりにも哀しい。
殺人犯の娘というだけでも重いものを背負っているのに
叶うことのない恋をあんな形でしか示せなかった祥子も。
そして、佳奈の本当の苦しみも。


でも、こんなにも残酷で悲壮な物語でも読後感に安らかな気持ちが残ります。
心が掻き乱されるほどに苦しくて哀しい、でもまた再読したいと思わせる
読み応えのある本でした。
[PR]

# by marin_star | 2007-10-22 12:33 | 新野剛志  

赤い指(東野圭吾・講談社)

単行本を譲っていただいたので、文庫化を待たずに読めました♪
これは店頭でもかなり目立っていて(表紙の装丁がすごくイイですね)、
読みたかったのでラッキーでした^^

さて。。。

すごく重くて嫌なテーマのお話でしたね。

幼女に悪戯をしようとして首を絞めて殺してしまった未成年の男・・・・
それが自分の息子だったら・・・?
そんな悪夢のような苦境に立たされた夫婦が取った行動とは、
反省の色も無い息子の罪を隠すために死体を遺棄し、
ボケ始めた老母に罪をなすりつけることだった。。。

考えただけでも恐ろしい。
自分達の生活を守るために血の繋がった母を陥れるなんて。
息子の愛し方を間違った母親、妻のいいなりで保身に走る父親、
現実逃避する息子・・・
恐ろしいまでに浅はかなこの家族が妙にリアルで痛々しかったです。


この愚かな罪を犯そうとする彼らを捜査するのが、加賀刑事。
加賀、といえば、東野作品ではお馴染みの敏腕刑事。
癌に侵され余命いくばくもない加賀の父親とのやりとりが、
物語に厚みと切なさを加え、親子の絆とは何なのかを考えさせられます。

東野さんらしく、静かでいいラスト。
加賀刑事がカッコイイです。

「彼ら自身によって明かされなければならない」真実・・・。
ミステリとしては少し弱かったし、加賀刑事の人情に訴える捜査も
現実的にはありえないかもなー、と思ったりもしましたが、
読み応えはありました。
[PR]

# by marin_star | 2007-04-17 23:31 | 東野圭吾  

幻夜(東野圭吾・集英社文庫)

ついに読みました、「幻夜」。
やっと文庫になった~~!って感じですね。

しかし・・・ものすごくレビューが難しいです~。
「白夜行」とどう絡んでくるのか・・というところを書かないと
なかなか語れない部分があるんですよね。

できるだけ致命的と思われるネタバレはナシでいきたいと思いますが、
多少ネタバレありになると思うので、
未読の方は以下お読みにならないようお願いします~。




まず、もろもろ話題のこの作品、正直予備知識はほとんどない状態で
読んだのですが、結果的にそれがよかったかも、という印象です。

阪神淡路大震災の混乱の中で、衝動的に叔父を殺害してしまった雅也。
そしてそれを目撃していた美冬。
二人は被災した大阪を離れ、東京で密かに「二人の幸せ」を求め
悪事に手を染めていく。
美冬の指示のまま罪を重ねる日陰の存在の雅也、
「二人の幸せ」といいながら一人のし上がっていく美冬 ――。
そして、彼らを執拗に追う刑事・加藤。

これはまさに、「白夜行」の雪穂と亮司の構図です。

ただ圧倒的に違うのは、美冬と雅也の関係。
雪穂と亮司はある意味対等であり、
強い絆が確かにあったと私は思っていますが、
美冬にとって雅也は利用するだけの男。
彼を従順な下僕として育てるために、冷酷非道な犯罪を強いて
忠誠を誓わせる美冬。
不満・不安、そして苦悩を抱えながらも美冬のいいなりになる雅也・・・。

「白夜行」では決して語られなかった主人公二人の心情ですが、
この作品では、彼らの心情も含めて物語が語られていきます。

東野さんは「白夜行」を書いたときに、
すでに「幻夜」の構想があったのでしょうか。
主人公の心情を徹底的に排除した作品を、次の作品で別の側面から描く・・
という構想がもともとあったのか。
それとも「白夜行」で理解しにくかった世界を、
違った手法で分かりやすく描こうとした「白夜行」ありき、なのか。

私としては、
「白夜行」の世界観の凄まじさは圧倒的に素晴らしいと感じているので、
この「幻夜」という作品をなぜ東野さんがこの世に送り出したのか・・・
それがとても気になります。


そんなことを考えながら読み進めていくと、
最後には「あっ・・・そうだったのか。」という瞬間が。
予備知識のなさがむしろよかった・・と思ったのはこの瞬間です。
文庫で770ページを超える大長編を、
けっこう悶々とした感じで読み進めていた私にとって、
「やっぱり東野さんはスゴイ」と再認識させられた瞬間でした。

いろいろと予備知識があって読むとまた違った読み方ができると思うので、
時間のあるときに2作品続けて再読してみたいです。


「幻夜」を単独の作品として評価するならば、
残念ながらそれほど好きな作品ではありません。
でも「白夜行」ファンとしては、
読まなければ!という作品であることは確かですし、
「白夜行」を読んでいるからこそ膨らんでくる「幻夜」の世界が
あることも確かです。


解説には、「白夜行」三部作について
東野さんが「もちろん頭においている」と答えています。
完結篇、あるんでしょうかね。
読みたいような、読みたくないような・・・
いや、でも作品化されたら絶対読みたいですね!
その際にはやっぱり雪穂と亮司の真の絆が
鮮やかに蘇るようなラストを期待したいです。
[PR]

# by marin_star | 2007-04-10 08:30 | 東野圭吾  

マドンナ(奥田英朗・講談社文庫)

奥田作品、3連チャンですね^^;

実はこの本、ずーっと前から書店で見かけていたんですが、
なんだか読む気がしなくって。。。
表紙からしてOLの話かぁ~、って思い込んでたんですよ<汗;;

そしたら・・!
なんと全然違った(笑)。
40代の中間管理職真っ只中、哀しくも可笑しい課長サンたちの
お話でした!(ちゃんと裏表紙読みなさいって・・・^^;)
いやいや、このオジサン課長たちのジタバタぶりが、
もう~、可笑しくて・・・!!
もっと早く読めばよかったです^^;

5篇の連作集・・という感じでしょうか、全て主人公は別人ですが、
どれも悲哀と笑いに満ちた課長サンの奮闘物語です。

部下のOLをマジ好きになっちゃって若い男の部下ととっくみ合いの
大ゲンカまでしてしまったり、
休日の会社行事を強制する上司と若い社員と板ばさみになったり、
次は自分・・と思っていたポストを女性に奪われたり、、、と
まぁよくある会社の事情を抱えていて、
家庭でもまぁよくあるように居心地は悪かったりするワケで。。。
その悶々とした悩みっぷりやうろたえぶりが、もうホントにリアルで可笑しい!

現実にこんな課長がいたら「だっさー!」と一蹴モンだけど、
なぜか奥田さんの描く彼らは妙に熱くて、
カッコ悪いのに、カッコイイんだな、これが。

ダサい彼らにだって、「くっそ~~~~~!」という熱い思いがあって、
溜まっていくストレスはマグマのごとく・・・(笑)。

不器用で、ダサくて、オヤジで、体制寄りで、地味~な彼らだけど、
実は彼らなりのポリシーもあって、一生懸命で、優しかったりするんですよね。
だからかな、ものすごくジタバタしていて笑えるのに、
なんだかちょっと情が湧くっていうか、ふとカッコよく見えたりしてしまうワケ。

「ボス」のラストなんて、大人の優しさが滲み出ててよかったですよ。
若造社員なら、絶対声かけちゃいますって(笑)。


やっぱり奥田さんは面白い!
同じく敬遠してた「ガール」も読んでみようかな^^;
[PR]

# by marin_star | 2007-02-26 12:30 | 奥田英朗  

真夜中のマーチ(奥田英朗・集英社文庫)

「ターゲットは10億円!だけど狙う奴らが多すぎる!!
直木賞作家が放つ超絶のグルーヴ!
痛快!青春クライムノベル!」

と、帯に書かれた奥田作品、となれば、期待は膨らみます。

人生の目標は大金をつかんで派手に遊ぶこと、そして大物扱いされること・・・
という、どうしようもない男・ヨコケン。
「三田物産勤務・三田総一郎」という名前で、財閥の御曹司と勘違いする相手を
利用していい思いをし、しれっとしている食わせモノのミタゾウ。
最初は騙す側・騙される側だった二人が成り行きで仲間になっていく過程が
もう~、笑えます!

ミタゾウの一件が原因で睨まれるようになったヤクザのフルテツが開いている
賭場のアガリを盗み出そうとする二人に、謎の美女・クロチェが加わり、
フルテツが美術詐欺で得ようとしている10億円の強奪計画が始まります。
ヤクザ相手に素人3人、しかも中国人一味まで現れ、
まさに「狙う奴が多すぎる」状態(爆)。
アクシデントの連続で、どこで決着が付くのか最後までエキサイティング&
笑いたっぷりの展開でした。

登場人物もみんな個性的で、ダメでどうしようもないヨコケンやミタゾウが
可愛らしくも見えてきます。
戦う相手側のフルテツや中国人一味も強面の一面だけでなく
笑っちゃうような弱みや人間くささがあって、
ありえない話なんだけど、存在感がある。

軽妙でユーモアたっぷり、爽快な読後感。
めちゃめちゃ笑えるおススメのクライムコメディです^^。
[PR]

# by marin_star | 2007-02-26 08:40 | 奥田英朗  

空中ブランコ(奥田英朗・文藝春秋)

譲ってくださった方がいたので、単行本を読みました。
イン・ザ・プール」よりパワーダウンした・・なんて書評も
ちらほら見かけていましたが、
前作を読んだのがけっこう前だったせいか、
またまた新鮮な気分で、めっちゃ面白く読めました!

特に「空中ブランコ」と「義父のヅラ」には笑いました。
あのトドのような伊良部先生が空中ブランコって・・・・(笑)
それだけでも十分笑えます。
ラストの「体はそのままで首だけひょいと回した」って姿も
もー、思い浮かべるだけでなんてチャーミング♪(爆)

ヅラを引っ剥がしたい衝動・・・ぷぷぷぷっ!!分かる分かる!(爆)
しかも、権威ある学部長で義理の父、という機嫌を損ねたら
人生おしまい、みたいな人物のヅラ。そりゃ~、気になりますよ!
人間、ダメって言われると余計に気になって気になって仕方ないですもんね~。
で、治療(?)と称して歩道橋にしょーもない落書きをしちゃうところが
またまた笑っちゃいますね。(捕まらなくて良かったよね^^;)

なんでもすぐに首を突っ込んで、人の話を全く聞かずに突っ走る、
メチャクチャな性格は健在。
呆れるほどにな~んにも変わってない。
しかし、彼の元へなぜか通院してしまう患者同様、
すでに読み始めから伊良部先生の不思議な術中にハマっている
感じです^^;

ラストの「女流作家」は少しキレイにまとめすぎちゃったかな~。
あのセクシー看護婦さんがそういうキャラだったのが驚き。
(っていうか、そういうふうにして欲しくなかったなぁ・・・)

でも、やっぱり楽しい伊良部ワールド。
続編、もっと読みたい。
「町長選挙」も面白そうです。



第131回 直木賞受賞作
[PR]

# by marin_star | 2007-02-25 20:31 | 奥田英朗  

あした天気にしておくれ(岡嶋二人・講談社文庫)

これは「焦茶色のパステル」で江戸川乱歩賞を受賞した前年に、
同賞に応募して落選してしまった・・といういきさつでも有名な作品ですね。
いつもお邪魔しているブロガーさん始め、いろんなところで
「この作品で乱歩賞を取って欲しかった!」というのを目にしていたので、
かなり期待を持って読みました。

その(かなり大きな)期待を全く裏切らない、面白さでした!!

競馬のことは全く無知な私ですが、
「焦茶色のパステル」は懇切丁寧でちょっと硬めの入門書、
この作品は、独学で学ぶ実地体験版!みたいな感じです。
(分かる?わかんないよね・・・^^;)
なんかね~、すごく勢いがあるんですよね。
本人たちも楽しんで書いているっていうか。。。
たぶん(勝手な想像ですが)、「パステル」は受賞をかなり意識して
マジメないい子ちゃんで書いた作品って感じがします~^^;

専門用語も出てくるけど決して説明的な描写はなくて
物語への興味を全く邪魔しない、
ストーリーに夢中になっているうちにリアルに理解できる、という
素晴らしくよくできた作品です。

超一流の血統馬「セシア」が、牧場への輸送中の事故で脚を骨折。
3億円以上もの値で取引された大事な馬の脚を折った・・と言い出せない
牧場主たちは、セシアが誘拐されたことにして事故を隠蔽する計画を立てた・・・

この誘拐が茶番であることは、物語の最初から分かっているので、
いかにこの誘拐劇を成功させるか・・と奔走する犯人側の
立場になってハラハラドキドキするわけですが、
途中、なぜか彼らの筋書きにない、しかも彼らに有利な証人が現れ、
謎が深まっていく。

このあたり、一筋縄でいかないところがまた上手いですね~。
もう、どんどんのめり込むように読んでしまいました。

やむなく狂言誘拐に加担する朝倉や望月。
彼らの覚悟や苦しみ、切羽詰った息苦しさ、暴かれる恐怖との葛藤、
といった心情がにじみ出てくるような人物描写も上手いです。
自己の利益優先で喧々諤々つばぜり合いをする馬主たちの
愚かな面々も、いるいる!こういうヤツ・・・って感じだし。
何か秘めたものがありそうな響子も魅力的です。
どの登場人物も生き生きと血が流れているリアルな存在感があります。

そして、さらに衆人監視の中で行われる身代金受け渡しのトリック!
このトリックが「先例がある」という理由で乱歩賞を逃したそうですが、
私なんかは競馬ミステリを読まない人なので全く知らないトリックで
へぇ~~~~、こんな方法が!!・・・って、口あんぐり状態でした^^;
あまりにも鮮やかな手口、というか、そのトリックへの描写が鮮やか!

みなさんのおススメどおり、本当に面白い作品でした!!


解説を読んでなるほど、と思ったのですが、
殺人事件が起こらないんですね。
今でこそ、人が死なないミステリもたくさんありますが、
この頃はミステリ=殺人事件、っていうのが当たり前だったのかも
しれませんね。
「江戸川乱歩賞初の無殺人推理小説」・・・受賞して欲しかったですね~^^
[PR]

# by marin_star | 2007-02-20 12:30 | 岡嶋二人  

七日間の身代金(岡嶋二人・講談社文庫)

86年の作品。
ある大富豪の後妻の弟と、先妻の息子が誘拐される。
身代金の受け渡しは、先妻の息子が所有する湘南の小さな島。
陸へ続く長い一本橋以外に逃げ場もなく、
周囲の海も警察に包囲された中、
身代金を運んだ後妻は射殺され、犯人も身代金とともに消えてしまう・・・

「人さらいの岡嶋」の異名を持つ岡嶋さんの誘拐モノ・・と思いきや、
密室トリックテンコ盛りのお話です。

警察署長の娘・千秋とその恋人・要之介の二人が、
署長の娘という「職権」を濫用し(笑)、にわか探偵となって
事件の謎に挑むんですが、
父親と、娘の恋人の微妙な関係がうま~く絡んできて
イイ味を出しています。

何重にもトリックが仕組まれていて、面白く読めましたが、
一つ一つのトリックは少し緻密さが足りなかったかも。
犯人も途中で見当がついてしまうので、惜しい!って感じかな~。

あと、ラストに犯人の独白によって犯行の一部始終が語られる・・っていうのが
私としては苦手な終わり方なので、そこも残念。
(だって、犯人があんなに長々と順序だてて全てを説明するなんて・・・
リアリティないでしょ・・?)

やっぱり、これはタイトルからすると誘拐モノのようですが、
ちょっと別物・・って感じでしたね。


それにしても冒頭の、人質となった二人が椅子に拘束された状態で
犯人の要求を代弁するビデオ・・・・
これってイラクの人質事件とかを彷彿させます。
20年も前にこんな強烈なシーンを描いていた岡嶋二人って、スゴイ。
[PR]

# by marin_star | 2007-02-20 12:05 | 岡嶋二人  

となり町戦争(三崎亜記・集英社文庫)

この作品は、賞を取ったときに新聞広告で何度も見かけて、
ものすごく読んでみたかったんですよね。
あれ~?文庫になるの早いなぁ~、って思ったら映画化されるんですね。

ある日突然、町の広報誌で知らされたとなり町との戦争。
日常生活は何も変わらず平穏なままなのに、
広報誌に掲載される戦死者の数は静かに増えていく・・・

この作品の存在を知ったときはものすごいショッキングでしたね。
どんな話なんだろう・・ってものすごく惹かれたのを鮮明に思い出します。

ところが・・・

(以下、これから読んでみたいと思っている方はお読みにならないでください。)



全く面白くなかったです。。。

まず、となり町と戦争しなければならない理由が全く分からないし、
主人公の「僕」が突然通達を受けた偵察の任務というものも
なんだかよく分からない。
パートナーとなる香西さん(女性)との関わり方も、
他の登場人物もあまりにもリアリティがなさすぎて、
読んでいてハラハラもしないし、この先どうなるんだろう?みたいな
期待感も湧かない。

う~~~ん。。。。

確かに今までなかった感じの小説ではあります。

読み終わったあとも、これで終わりなの?って感じです。

文庫のために書き下ろした「別章」のほうがけっこう良かったりして。
(まあ、これも本篇を読まないと何にもわかんないけど。)


ただ、戦争って実際はこういうものなのかな、って思った。
例えば、日本が戦争してたときだって、
戦火のないものすごい地方の人たちは別に普通の生活を静かに送っていて、
(もちろん身内が徴兵されたり、ってことはあったと思うけど)
戦争の始まりも終わりも誰かが勝手に決めてしまって、
戦争する理由だって、説明されたってワケのわからないものだったろうし、
不本意でも意味が分からなくても従うしかなくて。
戦地の様子とか戦死者の数とかはラジオとかで聞くしかなくて、
もしかしたら戦争へのリアリティなんて感じてなかったのかもしれない。
戦争によって地域振興する考え方だって、
規模は違ってもアメリカなんか同じともいえる。

でもね、読み物としては面白味のまるでない本でした。
ゴメンナサイ。



三崎さんの他の作品ってどうなんでしょう?
「失われた町」とか「バスジャック」も気になってるんですけどね。。。。


第17回小説すばる新人賞受賞作
[PR]

# by marin_star | 2007-01-25 22:59 | その他