<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

マドンナ(奥田英朗・講談社文庫)

奥田作品、3連チャンですね^^;

実はこの本、ずーっと前から書店で見かけていたんですが、
なんだか読む気がしなくって。。。
表紙からしてOLの話かぁ~、って思い込んでたんですよ<汗;;

そしたら・・!
なんと全然違った(笑)。
40代の中間管理職真っ只中、哀しくも可笑しい課長サンたちの
お話でした!(ちゃんと裏表紙読みなさいって・・・^^;)
いやいや、このオジサン課長たちのジタバタぶりが、
もう~、可笑しくて・・・!!
もっと早く読めばよかったです^^;

5篇の連作集・・という感じでしょうか、全て主人公は別人ですが、
どれも悲哀と笑いに満ちた課長サンの奮闘物語です。

部下のOLをマジ好きになっちゃって若い男の部下ととっくみ合いの
大ゲンカまでしてしまったり、
休日の会社行事を強制する上司と若い社員と板ばさみになったり、
次は自分・・と思っていたポストを女性に奪われたり、、、と
まぁよくある会社の事情を抱えていて、
家庭でもまぁよくあるように居心地は悪かったりするワケで。。。
その悶々とした悩みっぷりやうろたえぶりが、もうホントにリアルで可笑しい!

現実にこんな課長がいたら「だっさー!」と一蹴モンだけど、
なぜか奥田さんの描く彼らは妙に熱くて、
カッコ悪いのに、カッコイイんだな、これが。

ダサい彼らにだって、「くっそ~~~~~!」という熱い思いがあって、
溜まっていくストレスはマグマのごとく・・・(笑)。

不器用で、ダサくて、オヤジで、体制寄りで、地味~な彼らだけど、
実は彼らなりのポリシーもあって、一生懸命で、優しかったりするんですよね。
だからかな、ものすごくジタバタしていて笑えるのに、
なんだかちょっと情が湧くっていうか、ふとカッコよく見えたりしてしまうワケ。

「ボス」のラストなんて、大人の優しさが滲み出ててよかったですよ。
若造社員なら、絶対声かけちゃいますって(笑)。


やっぱり奥田さんは面白い!
同じく敬遠してた「ガール」も読んでみようかな^^;
[PR]

by marin_star | 2007-02-26 12:30 | 奥田英朗  

真夜中のマーチ(奥田英朗・集英社文庫)

「ターゲットは10億円!だけど狙う奴らが多すぎる!!
直木賞作家が放つ超絶のグルーヴ!
痛快!青春クライムノベル!」

と、帯に書かれた奥田作品、となれば、期待は膨らみます。

人生の目標は大金をつかんで派手に遊ぶこと、そして大物扱いされること・・・
という、どうしようもない男・ヨコケン。
「三田物産勤務・三田総一郎」という名前で、財閥の御曹司と勘違いする相手を
利用していい思いをし、しれっとしている食わせモノのミタゾウ。
最初は騙す側・騙される側だった二人が成り行きで仲間になっていく過程が
もう~、笑えます!

ミタゾウの一件が原因で睨まれるようになったヤクザのフルテツが開いている
賭場のアガリを盗み出そうとする二人に、謎の美女・クロチェが加わり、
フルテツが美術詐欺で得ようとしている10億円の強奪計画が始まります。
ヤクザ相手に素人3人、しかも中国人一味まで現れ、
まさに「狙う奴が多すぎる」状態(爆)。
アクシデントの連続で、どこで決着が付くのか最後までエキサイティング&
笑いたっぷりの展開でした。

登場人物もみんな個性的で、ダメでどうしようもないヨコケンやミタゾウが
可愛らしくも見えてきます。
戦う相手側のフルテツや中国人一味も強面の一面だけでなく
笑っちゃうような弱みや人間くささがあって、
ありえない話なんだけど、存在感がある。

軽妙でユーモアたっぷり、爽快な読後感。
めちゃめちゃ笑えるおススメのクライムコメディです^^。
[PR]

by marin_star | 2007-02-26 08:40 | 奥田英朗  

空中ブランコ(奥田英朗・文藝春秋)

譲ってくださった方がいたので、単行本を読みました。
イン・ザ・プール」よりパワーダウンした・・なんて書評も
ちらほら見かけていましたが、
前作を読んだのがけっこう前だったせいか、
またまた新鮮な気分で、めっちゃ面白く読めました!

特に「空中ブランコ」と「義父のヅラ」には笑いました。
あのトドのような伊良部先生が空中ブランコって・・・・(笑)
それだけでも十分笑えます。
ラストの「体はそのままで首だけひょいと回した」って姿も
もー、思い浮かべるだけでなんてチャーミング♪(爆)

ヅラを引っ剥がしたい衝動・・・ぷぷぷぷっ!!分かる分かる!(爆)
しかも、権威ある学部長で義理の父、という機嫌を損ねたら
人生おしまい、みたいな人物のヅラ。そりゃ~、気になりますよ!
人間、ダメって言われると余計に気になって気になって仕方ないですもんね~。
で、治療(?)と称して歩道橋にしょーもない落書きをしちゃうところが
またまた笑っちゃいますね。(捕まらなくて良かったよね^^;)

なんでもすぐに首を突っ込んで、人の話を全く聞かずに突っ走る、
メチャクチャな性格は健在。
呆れるほどにな~んにも変わってない。
しかし、彼の元へなぜか通院してしまう患者同様、
すでに読み始めから伊良部先生の不思議な術中にハマっている
感じです^^;

ラストの「女流作家」は少しキレイにまとめすぎちゃったかな~。
あのセクシー看護婦さんがそういうキャラだったのが驚き。
(っていうか、そういうふうにして欲しくなかったなぁ・・・)

でも、やっぱり楽しい伊良部ワールド。
続編、もっと読みたい。
「町長選挙」も面白そうです。



第131回 直木賞受賞作
[PR]

by marin_star | 2007-02-25 20:31 | 奥田英朗  

あした天気にしておくれ(岡嶋二人・講談社文庫)

これは「焦茶色のパステル」で江戸川乱歩賞を受賞した前年に、
同賞に応募して落選してしまった・・といういきさつでも有名な作品ですね。
いつもお邪魔しているブロガーさん始め、いろんなところで
「この作品で乱歩賞を取って欲しかった!」というのを目にしていたので、
かなり期待を持って読みました。

その(かなり大きな)期待を全く裏切らない、面白さでした!!

競馬のことは全く無知な私ですが、
「焦茶色のパステル」は懇切丁寧でちょっと硬めの入門書、
この作品は、独学で学ぶ実地体験版!みたいな感じです。
(分かる?わかんないよね・・・^^;)
なんかね~、すごく勢いがあるんですよね。
本人たちも楽しんで書いているっていうか。。。
たぶん(勝手な想像ですが)、「パステル」は受賞をかなり意識して
マジメないい子ちゃんで書いた作品って感じがします~^^;

専門用語も出てくるけど決して説明的な描写はなくて
物語への興味を全く邪魔しない、
ストーリーに夢中になっているうちにリアルに理解できる、という
素晴らしくよくできた作品です。

超一流の血統馬「セシア」が、牧場への輸送中の事故で脚を骨折。
3億円以上もの値で取引された大事な馬の脚を折った・・と言い出せない
牧場主たちは、セシアが誘拐されたことにして事故を隠蔽する計画を立てた・・・

この誘拐が茶番であることは、物語の最初から分かっているので、
いかにこの誘拐劇を成功させるか・・と奔走する犯人側の
立場になってハラハラドキドキするわけですが、
途中、なぜか彼らの筋書きにない、しかも彼らに有利な証人が現れ、
謎が深まっていく。

このあたり、一筋縄でいかないところがまた上手いですね~。
もう、どんどんのめり込むように読んでしまいました。

やむなく狂言誘拐に加担する朝倉や望月。
彼らの覚悟や苦しみ、切羽詰った息苦しさ、暴かれる恐怖との葛藤、
といった心情がにじみ出てくるような人物描写も上手いです。
自己の利益優先で喧々諤々つばぜり合いをする馬主たちの
愚かな面々も、いるいる!こういうヤツ・・・って感じだし。
何か秘めたものがありそうな響子も魅力的です。
どの登場人物も生き生きと血が流れているリアルな存在感があります。

そして、さらに衆人監視の中で行われる身代金受け渡しのトリック!
このトリックが「先例がある」という理由で乱歩賞を逃したそうですが、
私なんかは競馬ミステリを読まない人なので全く知らないトリックで
へぇ~~~~、こんな方法が!!・・・って、口あんぐり状態でした^^;
あまりにも鮮やかな手口、というか、そのトリックへの描写が鮮やか!

みなさんのおススメどおり、本当に面白い作品でした!!


解説を読んでなるほど、と思ったのですが、
殺人事件が起こらないんですね。
今でこそ、人が死なないミステリもたくさんありますが、
この頃はミステリ=殺人事件、っていうのが当たり前だったのかも
しれませんね。
「江戸川乱歩賞初の無殺人推理小説」・・・受賞して欲しかったですね~^^
[PR]

by marin_star | 2007-02-20 12:30 | 岡嶋二人  

七日間の身代金(岡嶋二人・講談社文庫)

86年の作品。
ある大富豪の後妻の弟と、先妻の息子が誘拐される。
身代金の受け渡しは、先妻の息子が所有する湘南の小さな島。
陸へ続く長い一本橋以外に逃げ場もなく、
周囲の海も警察に包囲された中、
身代金を運んだ後妻は射殺され、犯人も身代金とともに消えてしまう・・・

「人さらいの岡嶋」の異名を持つ岡嶋さんの誘拐モノ・・と思いきや、
密室トリックテンコ盛りのお話です。

警察署長の娘・千秋とその恋人・要之介の二人が、
署長の娘という「職権」を濫用し(笑)、にわか探偵となって
事件の謎に挑むんですが、
父親と、娘の恋人の微妙な関係がうま~く絡んできて
イイ味を出しています。

何重にもトリックが仕組まれていて、面白く読めましたが、
一つ一つのトリックは少し緻密さが足りなかったかも。
犯人も途中で見当がついてしまうので、惜しい!って感じかな~。

あと、ラストに犯人の独白によって犯行の一部始終が語られる・・っていうのが
私としては苦手な終わり方なので、そこも残念。
(だって、犯人があんなに長々と順序だてて全てを説明するなんて・・・
リアリティないでしょ・・?)

やっぱり、これはタイトルからすると誘拐モノのようですが、
ちょっと別物・・って感じでしたね。


それにしても冒頭の、人質となった二人が椅子に拘束された状態で
犯人の要求を代弁するビデオ・・・・
これってイラクの人質事件とかを彷彿させます。
20年も前にこんな強烈なシーンを描いていた岡嶋二人って、スゴイ。
[PR]

by marin_star | 2007-02-20 12:05 | 岡嶋二人