<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

号泣する準備はできていた(江國香織・新潮文庫)

厚さ1cmにも満たない薄~い本の中に12篇が収まった短編集。
苦手な範疇に確実に入る本だったんですが、
最近の女流作家マイ・ブームと「直木賞受賞作だもんなぁ~」という
好奇心が勝って、購入。


(いつものことながら、これから読む予定の方は以下お読みにならないで。。。)


偶然の祝福」よりは、心情に共感できる部分があったり、
作者がなんでこういう物語を書こうとしたのかは少し理解できる。

でも、いかんせん、短すぎるのでは??
登場人物たちのある一日や一場面だけを切り取った短編ばかりなので、
普段の日常のように、物語の中で収拾がつかずに終わってしまうエピソードが
ものすごく多くて、スッキリ謎解決!のミステリ好きにはツライ内容です。

受賞作の「号泣する準備はできていた」も、
う~~ん、これが受賞作ですか。。。というのが率直な感想です。
何の予備知識もなくこれを読んで江國ファンになる人っているんだろうか?

「熱帯夜」「どこでもない場所」「手」の3篇は、まあまあ読めた。
あとは消化不良デス。


ごめんなさい。
「きらきらひかる」は大好きです。
[PR]

by marin_star | 2006-10-27 12:45 | その他  

偶然の祝福(小川洋子・角川文庫)

ちょっと最近女流作家さんが気分・・・ということで、
博士の愛した数式」でものすごく感動した
小川さんの短編集を読んでみました。



(ゴメンナサイ、これから読もうと思っている方は
以下、お読みにならないことをおススメします。)


このところ、東野さんの短編集で短編の面白さを発見し、
あたしもけっこう短編OKかも♪・・・なんて思っていたのが
マチガイでした。。。
(もともと、短編が苦手な私です<汗;;)

こういう「雰囲気」で読ませる、みたいな短編集は読んでいて苦痛です・・・

なんか、空間のある一部分を切り取ったような、
不思議感のある短い物語が連なる、一応は連作集なんですが、
これで何か言いたいことがあったのか???と首を傾げてしまうほど
何が書きたかったのか、私には理解できませんでした。

次から次へ繰り出される理解不能な物語たち・・・
次こそは・・と思いなおすたびに裏切られた感が
どんどん蓄積してしまうんですよね。
ものすご~く薄い本だったのに、一話終わるごとに
あー、まだあるよ・・・と鬱々としながら、やっとの思いで読了する始末。

私にはこういうタイプの作品を読みこなす力量がないのでしょう。
あー、ホントにゴメンナサイ。
[PR]

by marin_star | 2006-10-24 12:30 | 小川洋子  

ひかりのメリーゴーラウンド(田口ランディ・理論社)

初・田口ランディ作品です。
これも娘が小学校の図書室から借りてきた本です^^;

すごいイイ本でした。
なんか、独特の世界観があって、文章がキラキラしている感じ。
あー、まだこんなに素敵な作家さんを知らなかったんだなぁ~、って。。。。
(ランディさんの名前は知っていたんですけどね^^;)

中学3年という子どもから大人の入り口にさしかかる少女の揺れる心を
瑞々しくリアルに描いています。

クラスの「委員長」であり、一緒に暮らす祖母の治療院の手伝いも熱心にやる、
どちらかといえば優等生的な少女・まゆ。
そんなごく普通の少女でも、中学最後の夏となれば
ワクワクした体験をちょっとはしたい・・・という好奇心に抗えず、
少し大胆なビキニを買ってナンパされた高校生と海へ遊びに行ったりもする。
大好きになった男の子とキスしたいと思ったり、ちょっとエッチな想像をして
そんな自分にドギマギしてしまったりも。
そういう微妙な年齢の揺れ動く心が、ものすごくリアルに等身大の姿で
生き生きと描かれています。

普通の人には見えないものが見える、という代々伝わる不思議な力を
持っていて、治療院を開いているおばあちゃんが、とても素敵。
いつでもまゆの話を真剣に聞いてくれて、大きな心で包み込んでくれる
あったかいおばあちゃん。
まゆもその不思議な力を受け継ぎ、空や雲など自然のものから
大きな力を感じたり、木々や鳥の心の声が聞こえたりする。
作者の感受性の強さがそのまま文章になっているような作品です。

「死んでいくこと」と「生きるために生まれてくること」。
「人を好きになるということ」。
この2つの大きなテーマを中学3年生の少女の目線で
せつなく自然体で語りかけています。

中学生はもちろん、子どもが何を考えているのか分からなくなっちゃった
おとうさん・おかあさんにもおススメの本です。

読み終わったあとに、子どもをぎゅーっと抱きしめてあげたくなりました。

図書室に返してしまったけれど、またいつか再読したいです。
忘れてしまったピュアな心を少し取り戻せる気がするような、そんな作品です。
[PR]

by marin_star | 2006-10-20 22:32 | 田口ランディ  

カラフル(森 絵都・理論社)

「おめでとうございます、抽選に当たりました!」
死んだ「僕」の魂の前に突然現れた天使が言う。
抽選に当たったので、もう一度他人の身体に乗り移って生活し、
(天使業界でホームステイと呼んでいる)
前世の罪を思い出せれば輪廻のサイクルに戻れる・・・と
強制的に下界に戻ることになった「僕」。

抽選とに当たったといっても拒否はできない絶対的なもので、
前世の記憶もないまま、自殺したばかりの中学生・小林真の身体に
入り込み、生き返った真として1年間の期限付きホームステイをすることに。

出だしはコミカルで、つかみはOK!って感じ^^
天使・プラプラのキャラが、実は重いテーマの作品を明るくしていますね。

自殺から生き返った真(の身体を借りた僕)は、
こっそりシークレットブーツを買ってしまうほど背が小さくて、
学校でも友だちが全くいないし、
絵を描くことだけが唯一秀でた才能を持っているちょっと冴えないヤツ。

ほのかな恋心を抱いていたひろかが援助交際していたり、
母親が浮気していたり、実直と信じていた父親の違う顔を見てしまったり、
兄にいじめられたり・・・と、
真の境遇を知れば知るほど、中学生の少年にとっては深刻で最悪で、
そりゃぁ死にたくなるよなぁ~と同情する「僕」。

地味で孤独だった真のキャラから一転、やぼったい髪型を整えたり、
クラスメイトに話しかけたりして反応を楽しんだり、
貯金をはたいて高価なスニーカーを買ったり・・と
等身大の中学生の姿がとてもリアルに自然に描かれていて、
あー、こんなことがこの頃の子たちには重要なことなんだよな~、なんて
改めて気付いたり。

早乙女君という親友ができ、真を認めてくれていた女の子の存在や
周りの人たちのさまざまな境遇や生き方を徐々に知るようになって、
変わっていく「僕」。

重くなりがちなテーマを軽快なテンポでくすっと笑わせながら、
すうっと心に届けてしまう筆力はさすがだなぁ~と思います。

生きることを投げ出しちゃダメだよ、
いろんな生き方があってそれぞれが違う色をもっているんだよ、
勇気を出してちょっと変われればみんなが同じように悩んでることが分かって
生きる力になるよ・・・ってメッセージが伝わってきます。

小5の娘には少し難しいかな、と思ったけれど
(これも娘の小学校の図書室の本です^^;)
生きることに純粋で、子どもから大人になりかけの中学生くらいの世代、
いろんな悩みにぶつかって立ち止まってしまっている子どもたちに
ぜひ読んでもらいたいなぁ~と思います。

「世界はたくさんの色に満ちている」
そう、みんな違う色を持っていてそれぞれの輝きを持っているはずだから。
そして周りの世界も鈍いモノクロの世界ではなくキラキラと輝いているはずだから。
[PR]

by marin_star | 2006-10-18 22:04 | 森 絵都  

手紙(東野圭吾・文春文庫)

東野さんの待望の「手紙」文庫化、
購入して一晩で一気に読みました。

弟の進学費用のために強盗殺人を犯してしまった兄・剛志が、
獄中から弟・直貴のもとへ送る手紙を軸に、
「強盗殺人犯の弟」という運命に苦しめられながら
生きていく直貴の人生を描いています。

直貴は、女性に好まれる程度に容姿も魅力があり、
一度は断念した大学進学も自力で叶えるほどの学力もあり、
友人に誘われたバンドではプロデビューの話が舞い込むほど
歌の才能にも恵まれているが、
進学・バンド活動・恋愛・就職・・・というチャンスに
決まって「強盗殺人犯の弟」という運命が非情にも立ちはだかる。
いくら隠しても消えない兄との絆。

自分のために罪を犯した兄を、次第に疎ましく
断ち切りたいと思うようになる直貴。
確かに、こんなふうに隠しても隠してもほじくりかえされる家族の罪を
背負って生きていくのは、つらい。

そんな思いで必死に生活している直貴のもとへ届く剛志の手紙は、
検閲を通ってくるためにたいしたことは書けないせいもあり、
どこかのんびりした感じを受けてしまう。
塀の外を知る手段がないために時間の流れが止まり、
自分の罪を弟がどのように背負って生き続けているのかが見えない。
それが直貴をさらにイライラさせることになる。
獄中の厳しい生活の様子が語られない分、余計に塀の外の家族の
辛さが際立ってくるようだ。
このあたりの“手紙”の使い方は、さすが東野さん、上手いな~と思います。


読む手が止められず引き込まれるように読ませる力のある作品でしたが、
読後、なんだか残るものがちょっと弱かった感じです。。。
ラストもイイ感じで終わって、キレイにまとまっていたとは思うのですが・・・
(評判もよい作品で直木賞候補にもなったのに・・・)
東野さん待望の文庫、という期待値が大きすぎたのかもしれません。

「差別はね、当然なんだよ。我々は君のことを差別しなきゃならないんだ。
自分が罪を犯せば家族をも苦しめることになる――
すべての犯罪者にそう思い知らさせるためにもね。」

平野社長のこの台詞や存在そのものも何かちょっと直接的すぎて、
もっと深みのある登場の仕方や関わり方で訴えかけてほしかったかも。
犯罪加害者の家族をこんな視点(=差別しなきゃならない)で描いた作品は
あまりないと思いますが、やはり台詞で説明するのではなく
作品全体でこのメッセージが伝わるほうが、わたし的には好みかも。

犯罪加害者家族としては直貴は恵まれているほうだと思います。
素性を明かしても変わらない愛情・友情をぶつけてくれる由美子や寺尾の
存在もあるし。

犯罪加害者家族のつらさや、家族の罪を背負ってどうやって生きていくのか、
というテーマなら、乃南さんの「風紋」「晩鐘」のほうが読み応えがありました。
(こちらは犯罪加害者と犯罪被害者両方の家族の物語なんですけどね。)


・・・と、かなり辛口になってしまいましたが、
東野さんだからこそ・・とお許しください(笑)。
読みやすいボリュームでメッセージもしっかり伝わってくるし、
ラストに希望も見える。
普通の作家さんなら問題なく評価の高い作品だと思います。




2003年 直木賞候補作品
2006年11月 映画化(山田孝之・沢尻エリカ・玉山鉄二 他)
[PR]

by marin_star | 2006-10-13 08:41 | 東野圭吾  

DIVE!!<1~4>(森 絵都・講談社)

森 絵都さん、初作品です。
実は小5の娘が「学校の図書室に森 絵都さんの新しいのが入ったんだよ!」と
借りてきたので読みました・・・^^;
(娘は「宇宙のみなしご」とか「リズム」とか、絵都さんの作品がお気に入り)
なので文庫化されてますが、読んだのは単行本のほう。

なかなか面白かったですね。爽やかなスポ根もの(?)。
「飛び込み」というちょっとマイナーな競技に、
青春の全てを賭ける中学生&高校生の少年のドラマです。

学校の図書室に入るくらいなので、かなり読みやすいです。
今まで全然「飛び込み」競技のことなんて知らなかったので、
一人でライバルと競い合う孤独感とか、日頃の練習の厳しさとか、
へぇ~、そうなんだ~・・・・って感じで、新鮮でしたね。

両親が元オリンピック飛び込み代表のサラブレッド・要一と、
幻の天才ダイバーと呼ばれた祖父を持ち、津軽の荒海でダイブしていた飛沫、
ダイヤモンドの瞳と呼ばれる類稀な才能を開花させていく中2の知季。
3人が所属するダイビングクラブの存続をかけたオリンピック代表選手の
選抜大会に向かって、3人のそれぞれの悩みや飛び込みへの情熱、
揺れ動く心をとても瑞々しく爽やかに描いています。


飛び込みの技とかもけっこう丁寧に説明してあって、
それなりに理解・イメージできたとは思いますが、
なにせ、飛び込み競技のシステムが10本ダイブして合計点で競う、という
形式なので、代表選手の座を賭けた最後の大会のところは
1本目から10本目まで順位がどう変わった、とかを少しもはしょらず、
淡々と書かれていて、少しだけ乗りきれなかったかな~。
確かに1本ごとにドラマがあって、今まで要一・飛沫・知季たちを支えてきた
周りの人たちの話も絡まり、読み応えもあります。
ただもうちょっと、グイグイ読ませる感じが欲しかったかなぁ~。



表紙の飛び込みの写真がとてもカッコイイですね。
ジャンプ台からプールに飛び込むまで1.4秒だとか。
一瞬の煌きに賭ける凛々しさやたくましさ・美しさが切り取られた
とても素敵な写真です。



ちなみに、小学生にはちょっとまだ早いんじゃない?
図書室の司書さん、かなり勇気ある人では?と・・・^^;
[PR]

by marin_star | 2006-10-07 23:30 | 森 絵都  

夜のピクニック(恩田陸・新潮文庫)

読みましたよ~、夜ピク。

高校時代に読みたかったなぁ~。。。
瑞々しい切ない気持ちや、自分の出生にこだわる若さ、
ただひたすらに夜通し歩くことへの高揚感、
親友たちとの語らいや小さな賭け、etc・・・
どれをとっても、やっぱりもっと若い頃に読んでれば
もっともっと共感できただろうなぁ~、と(笑)。

もちろん、恩田さんの瑞々しい文章力で
貴子と融の微妙な関係の変化とか、
親友との友情とか、好きな人への密かな想いとか、
あー学生の頃ってあんなだったなぁ~って思い出させてくれます。
胸がちょっと甘酸っぱくなるようなキラキラした感じ。

忍くんみたいな彼がいたら素敵だったろうなぁ~、とか
妄想にひたって読みました(爆)。

「日常生活は以外に細々したスケジュールに区切られていて、
長時間思考し続ける機会を意識的に排除するようになっている。
いったん疑問を感じてしまったら人は前には進めない。
歩行祭は歩き続ける限り思考が1本の川となって自分の中を
さらさらと流れていく得がたい機会」
というくだりは、なるほどなぁ~ってうなずいてしまいました。
前に進むために雑念を切り捨てて目の前のスケジュールに
埋没する、ってよくあるよね。
でも、こんなふうにじっくり飽きるまで考え続ける機会って
本当に日常生活ではなかなか手に入らないよね。


私も大学時代のイベントで、山手線を歩いて一周する、というのを
経験しているので、夜通し歩き続ける足の痛みや高揚感を
なんだか懐かしく思い出しながら読みました。
(ただ、大学生なのでこんな青春してる人より、
酔っ払って“歩く宴会”状態の人のほうが多かったけどね^^;)



第2回本屋大賞・吉川英治文学新人賞 受賞作
2006年9月映画公開
[PR]

by marin_star | 2006-10-01 22:10 | 恩田 陸