<   2004年 09月 ( 46 )   > この月の画像一覧

 

99%の誘拐

12年前に起こった誘拐事件、そして今、過去の事件を
なぞらえるように起こったコンピュータに制御された誘拐事件・・・
新たな事件の犯人の正体は早くから明かされるが、
誘拐事件が完全犯罪に終わるのか、また過去の事件の真相は
なんだったのか。。。
計算されつくしたトリック、緊迫感のある展開に引き込まれて手に汗握り、
読み進むうちに、本来憎むべき誘拐犯の成功を祈らずにはいられない。
切なくて、しかもスピード感のある素晴しい作品でした。

*あらすじ*
12年前、小さいながらも時代の最先端技術を誇るイコマ電子の社長の息子が誘拐された。
要求された金塊5,000万円は、アメリカの親会社から独立するために
私財を投げ打って作っていた資金と全く同額だった。
当時の警察の捜査も空しく金塊5,000万円は奪われたが、
息子は無事に帰り、イコマ電子は大手会社リガードに吸収された。
そして12年後、「アスカ」というコンピュータゲームに誘導されて
山中の別荘に閉じ込められた男の子------それは、リガード社長の息子だった。
身代金を要求してきたのは、自らを「誘拐するために作られたコンピュータ・プログラム」と名乗る、コンピュータの合成音で話す女の声だった。。。
[PR]

by marin_star | 2004-09-21 12:43 | 岡嶋二人  

コンピュータの熱い罠

’86の作品の文庫化。現在はコンピュータはさらに進化し、
小学生までもがPCを使いこなすようになって、
ウィルスやワームの脅威も広く知れ渡っているけれど、
この作品が書かれた当時はまだ一般人のPCに対する知識は
少なかったはず。
そんな中でこれだけ面白い作品が書けるのだから、スゴイ。
知識の無い人にも分かりやすい文体で、
PCを使って謎を解き明かしていくストーリー展開を
存分に楽しめるし、、ネット犯罪の怖さも伝わってくる。
この作品は、井上さんが初めてフルイニシアティブをとった作品、と
いうことで、『井上さんはミステリ界でも最もコンピュータに
詳しい人間として有名』と解説にある。納得^^。

*あらすじ*
結婚相談所のオペレータ絵里子は、ある日恋人の名前が登録されていることを
発見し、動揺する。しかも彼のデータは本人が登録していない細かな病歴など
不審なほど詳細にわたっていた。
ある日、結婚相談所で紹介された女と結婚した兄がフィリピンで
不審な死を遂げた、という女性・綾子が絵里子のところへ現れる。
データを調べていくうちに次々と広がる謎と見え隠れする不穏な犯罪の影・・。
そんな中、綾子が何者かに刺し殺され、同僚の古川も殺されてしまう-------。
[PR]

by marin_star | 2004-09-06 12:20 | 岡嶋二人  

OUT(上・下)

MWA最優秀長編賞ノミネートで話題になりましたね。
映画にもなっているので何となく内容は知っていたし、
なかなか読み応えがありましたね。
最後の展開はかなり意外・・・。
主人公の心情は、私にはちょっと理解の範疇を超えていました。。。

*あらすじ*
深夜の弁当工場で働くパート主婦たち。
それぞれの問題を抱える中、パート仲間の一人が
夫を殺してしまった。
主婦たちは協力して死体をバラバラにして捨て、
完全犯罪をもくろむが、徐々に運命は破綻へと転がり始める・・・。
[PR]

by marin_star | 2004-09-02 20:51 | 桐野夏生  

Miss You

柴田さんという人はゲイが好きなんでしょうか?
ハナちゃんシリーズに登場するゲイのヤーさん然り、
この作品に登場するゲイも然り、人間的な描写が上手くて、
ゲイの心情が良く分かってるなぁ・・と感心します。

*あらすじ*
文芸編集者・有美の同僚が殺害された。
落ち目の流行作家の担当となり、
有力新人作家の原稿獲得に、と奔走する中、
有美も何者かに狙われ始めた・・・。
[PR]

by marin_star | 2004-09-02 20:47 | 柴田よしき  

逃亡作法(宝島社文庫)

内容的にはけっこうノワールなんだけど、
暴力を売り物にした安っぽいヴァイオレンスとは一線を画した
クールな描写と人物設定がすばらしい。
翻訳モノを読んでいるような、なのにアジアの香りもする
センスの良さ!これがデビュー作とは驚き。
『このミス』大賞&読者賞W受賞作品。

*あらすじ*
『アイホッパー』という特殊なシステムが導入された
近未来の日本の刑務所。
脱獄すると首筋に埋め込まれたチップによって
目玉が破裂してしまうのだ。
その完璧なシステムの盲点を突いて脱獄した悪党たち、
そして脱獄犯のひとり、連続幼女強姦殺害犯の抹殺を狙う
被害者の父親集団。
さまざまな思惑が絡まる逃亡・追跡活劇の幕引きは・・・?
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 23:43 | 東山彰良  

パラレルワールド・ラブストーリー

友情と恋愛の苦悩・嫉妬・同情・・・
さまざまな心の葛藤をすっかり忘れてしまえたら・・・。
誰でも一度は思ったことがあるはず。
でも記憶があるから自分の存在が確かめられるのかもしれない。
ミステリアスで切ないラブストーリー。大好きな作品です。

*あらすじ*
バーチャルリアリティーの研究職にある崇史は
麻由子と同棲して幸せな生活を送っていた。
が、夢やふとした記憶の断片に現れる、
無二の親友と麻由子の幸せそうな姿・・・
そしていつの間にか渡米していた親友・・
どの記憶が正しいのか?
何故俺は親友の不在に気づかなかったのか?
混乱する『記憶』の中で『本当の過去』を追い求める崇史。
その真実とは・・。
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 22:57 | 東野圭吾  

R.P.G.

前からちょっと気になっていた作品。
短編でもなく、長編でもない、『小品』的作品。
ちょっと物足りなかったかな・・。

*あらすじ*
ネット上の擬似家族の『お父さん』が刺殺された。
実の家庭がありながらなぜネットで擬似家庭を?
犯人の動機は?家族の絆とは何か・・・?
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 22:56 | 宮部みゆき  

奪取(上・下)

ずいぶん前に読んだ本ですが、
真保さんの作品の中でもピカ一おもしろい!!です。
私の大好きな本ベスト5に入ります。
上下巻の長さを感じさせず、はらはらドキドキの連続!!
これを読んでから、公園で「みつまた」の木を見ると
ニヤニヤしてしまいます・・(^m^*)ププッ

*あらすじ*
ヤクザの街金にハメられて作った借金がきっかけで、
大胆な偽札造りを始めた道郎。
因縁のヤクザと銀行を相手に、
大金をめぐるコンゲームが始まった・・・!
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 22:55 | 真保裕一  

クロスファイア(上・下)

宮部さんの作品の中で一番好きかも。
得体の知れない力を持ってしまった主人公の苦悩、
それでも人を信じたい熱い想い・・・
最後のどんでん返しがとても切ないです。

*あらすじ*
人間を一瞬のうちに炎上、焼殺することのできる念力放火能力。
法では裁ききれない悪を焼き殺すため、
自らを「装填された銃」と呼ぶ青木淳子。
彼女の前に現れたガーディアンと名乗る組織とは・・・
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 22:55 | 宮部みゆき  

ifの迷宮

死者がよみがえる・遺伝子治療・胎児細胞利用法---という
恐ろしげなキーワード・・・
そしてあの宮部さんが腕をブンブン振り回して「大傑作だわ!」と興奮した・・
と聞けば読まずにはいられません!
ちょっと難解だったけど、次々に絡み合う謎、意表をつく真犯人に
最後までハラハラしました。

*あらすじ*
ほんの少し近未来。出生前遺伝子診断が当たり前の世の中になり、
遺伝子治療など最先端医療を手がけるSOMONグループは
巨大な力をもつ企業だった。
その中枢を担う宗門家で殺人事件が!
また宗門家の近くでとっくに死んだはずの人間の遺伝子が発見された・・・
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 22:53 | 柄刀 一