カテゴリ:東野圭吾( 24 )

 

虹を操る少年

東野さんもホントに多彩な作家です。
解説が井上夢人さんで、自分と東野さんは
似通ったものがあるそうな・・・
私としては嬉しい偶然^^。

*あらすじ*
他の人には見えない色や光を自在に操る
天才高校生・光瑠(ミツル)。
彼の発信する光のメッセージ「光楽」は若者の心を捉え、
熱狂的な支持を集める。
しかし「光楽」を理解できない大人たちや、
カリスマ的な力を利用する魔の手がミツルに忍び寄る・・。
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 22:06 | 東野圭吾  

白夜行

19年前の事件から描かれ続ける少女と少年の
成功の裏にある悲劇はあまりにも哀しくやりきれない。
文庫なのに厚さ3cm以上!1000円もしたけど、
その価値は余りあるほどでした^^。

*あらすじ*
19年前迷宮入りした殺人事件の容疑者の娘と被害者の息子。
二人は全く接点のないままそれぞれの人生を生き抜いていくが、
二人の周囲には幾つもの恐るべき犯罪が見え隠れする。
緻密な構成と叙事詩的スケールで心を失った人間の悲劇を描く
長編ミステリ傑作!
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 22:02 | 東野圭吾  

分身

前々から読みたいな~と思いつつ、
他の作品も気になってなかなか読めなかった一冊。
やっぱり東野さんってすごい、と改めて認識。
最先端医学の危険な領域に警鐘を鳴らす問題作。

*あらすじ*
函館生まれの繭子18歳、東京生まれの双葉20歳。
年も育ちも違う二人だったが、双葉のTV出演がきっかけで
お互い自分にそっくりな人間がいることに気づく。
自分の出生の謎をそれぞれ追いかける二人。
ついに『パンドラの箱』が開けられた…。
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 22:00 | 東野圭吾  

天空の蜂

600ページ(文庫で厚さ2.5cm以上!)の長編ですが、
緊迫感が最後まで続く展開で一気に読んでしまいました。
これは本当に面白い、と思います!!
解説の真保さんも絶賛!

*あらすじ*
奪取された巨大特殊ヘリ。無人操縦する犯人からの要求は、
日本中の原発を使用不可能にすることだった。
要求を拒否すれば稼動中の原子力発電所に墜落させる…。
テロリストの要求に政府は?
そして本当の犯人の目的とは…?
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:25 | 東野圭吾