カテゴリ:森 絵都( 3 )

 

アーモンド入りチョコレートのワルツ(森 絵都・角川文庫)

「子供は眠る」
 ~ ロベルト・シューマン<子供の情景>より
「彼女のアリア」
 ~ J・S・バッハ<ゴルドベルグ変奏曲>より
「アーモンド入りチョコレートのワルツ」
 ~ エリック・サティ<童話音楽の献立表>より

という、ピアノ曲を主題に盛り込んだ、素敵な3篇の短編集です。

う~~ん、さすが、絵都さん♪
ものすごく素敵な本です。

夏休みの恒例となった親戚関係の少年たちが過ごす別荘での2週間、
成長していくがゆえに失ってしまう切ない大切なひととき、
ちょっぴりほろ苦い想いを描いた「子供は眠る」。

別荘の持ち主で最年長の章くんには絶対的な命令権があり、
逆らえば来年から呼ばれなくなる・・・という暗黙の了解の中、
章くんの趣味で毎夜無理やり聞かされるのが、なぜかクラッシック。
昼間思いっきり海で遊んだ少年たちには、就寝間際に聞かされるクラッシックは
まさに地獄の子守唄同然で、20分足らずの小曲集でさえ、最後まで聞けずに
みな爆睡してしまう。(笑)

毎年のように繰り返されてきた別荘でのさまざまな出来事。
なのに、急に章くんへの反抗心がむくむくと芽生え、
この夏はいつもと違ったものになってしまう。

成長期の少年たちは、いつまでも同じ位置にとどまっていられなくて、
いつのまにか立場が逆転していたり、気持ちがすれ違ったりしてしまうんだよね。
もっと正直に素直に話をしていれば分かり合えたのに・・っていう
エピソードの数々が、少年たちの等身大の姿で重なっていきます。

どうして絵都さんは、こんなに少年少女の心を映し出すのが
上手なんでしょうね。


「彼女のアリア」のテーマ曲「ゴルドベルグ変奏曲」は、
バッハが不眠症患者のために作った曲なんだそうです。
不眠症の僕は、古い校舎の音楽室でこの曲をピアノで奏でる彼女に
出会い、「私も不眠症なの、もう2ヶ月も・・・」と打ち明けられて
お互いを励ましあっていく関係に。

しかし、彼女と出会って数週間で彼の不眠症はパタリと完治してしまい、
なかなかそれを言い出せないまま、何ヶ月も寝ていないのに肌ツヤもキレイな
彼女への疑問がふと湧いてくる。
本当は心がつながっているのに、不眠症という共通項でしかつながっていないと
思い込み、壊したくないと願う切ない気持ち、純粋さ。
そして、恋っていいなぁ~と思わせるラスト。ちょっとウルッときてしまいました。


表題作の「アーモンド入りチョコレートのワルツ」、
これを読むと、ものすごくワルツの音楽を聴きたくなります。
文字の間から軽やかなワルツが聞こえてくるような気がしてしまうほど、
踊り出したくなるような音楽の素晴らしさが伝わってきます。

おしゃれな洋館に住む絹子先生にピアノを習っている奈緒と君絵。
練習嫌いの奈緒には手首を鍛える練習と言って枕投げを一緒にやってくれたり、
ピアノ教室なのに「あたしはうたうのが好き」という君絵には
好きに歌をうたわせたり・・・
はちゃめちゃだけど、音楽を(特にサティのワルツを)心から愛している
絹子先生。
そんな先生のところにある日不思議なフランス人のおじさんが住みつき、
楽しくて奇妙でちょっとハラハラするお話が始まります。
ワルツの軽やかなステップにのせて。
絹子先生の愛するサティにどこかしら似ているおじさんと、
君絵のキャラがものすごく強烈&愛おしい。

音楽を愛する楽しさ、人を愛するやさしさを全身で浴びるように味わえる、
そんなお話です。


3作とも、主題の音楽との絡ませ方が全くあざとさもなく自然で、
音楽への愛着だとか愛情・慈愛みたいなものが満ち溢れています。
あー、絵都さんってホントにいいなぁ~^^。
[PR]

by marin_star | 2006-11-27 22:27 | 森 絵都  

カラフル(森 絵都・理論社)

「おめでとうございます、抽選に当たりました!」
死んだ「僕」の魂の前に突然現れた天使が言う。
抽選に当たったので、もう一度他人の身体に乗り移って生活し、
(天使業界でホームステイと呼んでいる)
前世の罪を思い出せれば輪廻のサイクルに戻れる・・・と
強制的に下界に戻ることになった「僕」。

抽選とに当たったといっても拒否はできない絶対的なもので、
前世の記憶もないまま、自殺したばかりの中学生・小林真の身体に
入り込み、生き返った真として1年間の期限付きホームステイをすることに。

出だしはコミカルで、つかみはOK!って感じ^^
天使・プラプラのキャラが、実は重いテーマの作品を明るくしていますね。

自殺から生き返った真(の身体を借りた僕)は、
こっそりシークレットブーツを買ってしまうほど背が小さくて、
学校でも友だちが全くいないし、
絵を描くことだけが唯一秀でた才能を持っているちょっと冴えないヤツ。

ほのかな恋心を抱いていたひろかが援助交際していたり、
母親が浮気していたり、実直と信じていた父親の違う顔を見てしまったり、
兄にいじめられたり・・・と、
真の境遇を知れば知るほど、中学生の少年にとっては深刻で最悪で、
そりゃぁ死にたくなるよなぁ~と同情する「僕」。

地味で孤独だった真のキャラから一転、やぼったい髪型を整えたり、
クラスメイトに話しかけたりして反応を楽しんだり、
貯金をはたいて高価なスニーカーを買ったり・・と
等身大の中学生の姿がとてもリアルに自然に描かれていて、
あー、こんなことがこの頃の子たちには重要なことなんだよな~、なんて
改めて気付いたり。

早乙女君という親友ができ、真を認めてくれていた女の子の存在や
周りの人たちのさまざまな境遇や生き方を徐々に知るようになって、
変わっていく「僕」。

重くなりがちなテーマを軽快なテンポでくすっと笑わせながら、
すうっと心に届けてしまう筆力はさすがだなぁ~と思います。

生きることを投げ出しちゃダメだよ、
いろんな生き方があってそれぞれが違う色をもっているんだよ、
勇気を出してちょっと変われればみんなが同じように悩んでることが分かって
生きる力になるよ・・・ってメッセージが伝わってきます。

小5の娘には少し難しいかな、と思ったけれど
(これも娘の小学校の図書室の本です^^;)
生きることに純粋で、子どもから大人になりかけの中学生くらいの世代、
いろんな悩みにぶつかって立ち止まってしまっている子どもたちに
ぜひ読んでもらいたいなぁ~と思います。

「世界はたくさんの色に満ちている」
そう、みんな違う色を持っていてそれぞれの輝きを持っているはずだから。
そして周りの世界も鈍いモノクロの世界ではなくキラキラと輝いているはずだから。
[PR]

by marin_star | 2006-10-18 22:04 | 森 絵都  

DIVE!!<1~4>(森 絵都・講談社)

森 絵都さん、初作品です。
実は小5の娘が「学校の図書室に森 絵都さんの新しいのが入ったんだよ!」と
借りてきたので読みました・・・^^;
(娘は「宇宙のみなしご」とか「リズム」とか、絵都さんの作品がお気に入り)
なので文庫化されてますが、読んだのは単行本のほう。

なかなか面白かったですね。爽やかなスポ根もの(?)。
「飛び込み」というちょっとマイナーな競技に、
青春の全てを賭ける中学生&高校生の少年のドラマです。

学校の図書室に入るくらいなので、かなり読みやすいです。
今まで全然「飛び込み」競技のことなんて知らなかったので、
一人でライバルと競い合う孤独感とか、日頃の練習の厳しさとか、
へぇ~、そうなんだ~・・・・って感じで、新鮮でしたね。

両親が元オリンピック飛び込み代表のサラブレッド・要一と、
幻の天才ダイバーと呼ばれた祖父を持ち、津軽の荒海でダイブしていた飛沫、
ダイヤモンドの瞳と呼ばれる類稀な才能を開花させていく中2の知季。
3人が所属するダイビングクラブの存続をかけたオリンピック代表選手の
選抜大会に向かって、3人のそれぞれの悩みや飛び込みへの情熱、
揺れ動く心をとても瑞々しく爽やかに描いています。


飛び込みの技とかもけっこう丁寧に説明してあって、
それなりに理解・イメージできたとは思いますが、
なにせ、飛び込み競技のシステムが10本ダイブして合計点で競う、という
形式なので、代表選手の座を賭けた最後の大会のところは
1本目から10本目まで順位がどう変わった、とかを少しもはしょらず、
淡々と書かれていて、少しだけ乗りきれなかったかな~。
確かに1本ごとにドラマがあって、今まで要一・飛沫・知季たちを支えてきた
周りの人たちの話も絡まり、読み応えもあります。
ただもうちょっと、グイグイ読ませる感じが欲しかったかなぁ~。



表紙の飛び込みの写真がとてもカッコイイですね。
ジャンプ台からプールに飛び込むまで1.4秒だとか。
一瞬の煌きに賭ける凛々しさやたくましさ・美しさが切り取られた
とても素敵な写真です。



ちなみに、小学生にはちょっとまだ早いんじゃない?
図書室の司書さん、かなり勇気ある人では?と・・・^^;
[PR]

by marin_star | 2006-10-07 23:30 | 森 絵都