カテゴリ:松岡圭祐( 9 )

 

ヘーメラーの千里眼<上・下>(松岡圭祐・小学館文庫)

不屈の精神力・類稀な強い使命感の持ち主・岬美由紀の
意外なルーツが明かされた作品。

防衛大学校の存在すら知らなかった高校生の美由紀が
その第1歩を踏み出すきっかけとなった淡い初恋。
持ち前の負けず嫌いを発揮して厳しい専門訓練を乗り越え幹部候補生となり、
空自の花形パイロットになるまでの美由紀を支えたのも
型破りで優秀な“伊吹先輩”への憧れだった・・・。
女性版ダイハードともいえるカッコイイ美由紀も、
きっかけは『どこにでもあるこんなことなんかいっ!』とツッコミたくなりますが・・・^^;
だからこそ、悩み成長していく過程に共感できるのかもしれません。

現役自衛官の伊吹が演習中に起こした過失致死事故の解明、
麝香片麻薬の密輸に絡むアルタミラ精神衛生と中国マフィアとの戦いが
美由紀のルーツをなぞるように、展開していきます。

今までのダイハード的(笑)な美由紀の活躍は少なかったかもしれません。
アルタミラ精神衛生もまだこのまま終わるとは思えません。
(アルタミラの追い込みはちょっとあっけなかったし。)
中国マフィアの密輸船を護衛する戦闘機パイロット梁暁濱も、
きっとまた現れる宿敵となる気がします。
前作までのメフィストとの壮大な戦いが終結し、新たな強大な敵が
出現する・・・、そんな序章ともいえる作品なのではないでしょうか。

戦いを終えた美由紀からは、“後悔”や“未練”といった過去と訣別し、
純粋に前向きに進んでいける清々しさと新たな決意を感じました。
恋愛についても、きっと今までと違った美由紀が見られるかも?

本作も読み応えがあり、カッコイイ自衛官たちの姿に感動しましたが、
次回作は、もっともっと美由紀のダイハード的な活躍を期待したいです!
[PR]

by marin_star | 2005-05-30 08:06 | 松岡圭祐  

千里眼の死角(小学館文庫)

今回は、嵯峨敏也と岬美由紀のダブル主役、と言ってもいいでしょう!
いつも美由紀の圧倒的な行動力・判断力に一歩先を行かれた感のある彼が、
今回は頑張っています^^。
そして、嵯峨の成長ぶりや逞しさに戸惑い、
ふと芽生えた感情に狼狽する美由紀。

宿敵だったダビデの粋な計らいは空振りに終わったけれど、
今後の二人の微妙な関係の変化も楽しみ^^。

*あらすじ*

原因不明の人体発火現象が世界各地で多発。
米国防総省が開発中の全地球規模GPSによるディフェンダー・システムが
メフィスト・コンサルティングに乗っ取られたことを突き止めた嵯峨と美由紀。
ディフェンダー・システムが完全に進化を遂げ、メフィストの恐怖統治の道具と
なるまでのタイムリミットは5日。
内部分裂によってメフィストを追われたダビデも登場し、
宿敵メフィスト・コンサルティングとの最終決戦が始まった!
[PR]

by marin_star | 2004-10-01 22:00 | 松岡圭祐  

蒼い瞳とニュアージュ

嵯峨俊也・岬美由紀に続く第3のカウンセラー登場!
というPRにワクワクしながら読んだけど、
カウンセラー『一ノ瀬恵梨香』の魅力は
まだまだ描ききれてない感が・・・
後半の緊迫感はあったけど先が読めちゃったところも…。
シリーズ化したら面白くなっていくかな?期待!!

*あらすじ*
渋谷ギャル系のファッションに身を包んだ臨床心理士の恵梨香。
内閣情報調査室・宇崎の依頼で手製爆弾テロを
極秘に阻止させるため動き出すが・・・。
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:49 | 松岡圭祐  

マジシャンの少女

『千里眼』岬美由紀、『催眠』の嵯峨俊也、『マジシャン』の里見沙希が
一堂に会した贅沢な作品!
相変わらずのリーダビリティには脱帽です。

*あらすじ*
政府主導で秘密裏に進められたお台場カジノ建設計画。
政府高官や警察官僚のTOPが招かれたオープニングセレモニーの日、
武装勢力が施設を占拠した!
巨額の金が動くカジノ計画に隠された陰謀とは?
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:48 | 松岡圭祐  

バグ

『千里眼』の作者のちょっと異彩を放つ作品。
コンピュータゲームに絡んだ事件の真相究明だけでなく、
さまざまな人間模様が巧みに描かれています。
さすが松岡さん!

*あらすじ*
『黒いコートの男が殺しに来る!』と叫び、
子どもたちが全国各地で自殺未遂・事件が続出。
全ての子どもに共通するのは、新製品のアクセラ4という
コンピュータゲームで遊んでいたことだった・・・。
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:47 | 松岡圭祐  

千里眼シリーズ5~6

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「岬美由紀」「メフィストの逆襲」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
北朝鮮問題・NYの同時多発テロ・・・
実際の世界的事件を背景に描かれた前・後編の2冊構成。
実際のテロから1年足らずで書かれているので
かなり荒削りな印象は否めない。

*あらすじ*
北朝鮮工作員と思われる女性・李と、
かつての宿敵メフィストコンサルティングの男が
美由紀の前に現れた。
やがて姿を消した李を追ってNYへ渡る美由紀に危機が迫る。
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:27 | 松岡圭祐  

『千里眼』シリーズ1~4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「千里眼」「ミドリの猿」「運命の暗示」「洗脳試験」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『催眠』に続いてハマった『千里眼』シリーズ。
とにかくありえないほどタフなスーパーヒロイン岬美由紀の
活躍ぶりは女版ダイハード!!
(でもやっぱり表紙のセンスがね~~^^;)

*あらすじ(?)*
カウンセラー岬美由紀は、元航空自衛隊幹部候補生。
目の前の苦しんでいる人を救わずにはいられない
心優しく最強のカウンセラーが、カルト教団『恒星点球教』、
史上最大のマインドコントロール組織『メフィスト・コンサルティング』と、
次々に現れる巨大な敵に立ち向かう!
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:17 | 松岡圭祐  

催眠

松岡ワールドに完全にハマるきっかけになった1冊。
しかもこれがデビュー作だなんてスゴすぎる。
いわゆるTVで見る怪しげな催眠術と違って
本当の「催眠」て奥が深いのね。
つかみは「私は宇宙人・・」と名乗る怪しい女でTVっぽいけど、
そのTVの胡散臭さを逆手にとって
TVより面白いエンターテイメントに仕上がっています。
欲をいえば、表紙がもっとセンスあるとね・・・。
これこそB級のTVぽいよね。もしかしてこれも狙いのウチ??

*あらすじ*
ニセ催眠術師・実相寺の前に突然現れた女。
異様な行動をしながらも人の心を見透かす能力を持つ彼女を、
実相寺は占い師として雇い始める。
ある日彼女の前に現れた医療カウンセラー嵯峨は
彼女の能力の秘密を解き明かしていく・・。。
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:14 | 松岡圭祐  

マジシャン

私ってやっぱり「詐欺モノ」好き。
無意味に残虐な血を流さなくても
立派にミステリーは成立するんだ、と実感させられます。
怖がりの私としては安心してワクワク楽しめました♪
松岡さんにハマるきっかけとなった一冊。

*あらすじ*
「目の前でお金が倍になる」という奇妙な詐欺事件が発覚。
何かトリックが・・とにらんだ警察は
マジック店の情報からマジシャンを志す少女に出会う。
犯罪に使われるさまざまなトリックをいとも簡単に見破る少女。
しかし、その少女のそばには詐欺の前科のある男の存在があった…。
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:07 | 松岡圭祐