カテゴリ:その他( 13 )

 

バグダッドのモモ(山本けんぞう アンドリュース・プレス)

これもmayuの中学校の図書館の本。
(まだしばらく続きます^^;)

戦火のバグダッドに住む少女・ももと、
旅の途中でももに出会った黒猫のモモの哀しいお話。

「どうしてにんげんは戦争をするんだろう?
答えは簡単だ。
戦争が好きだからだ。」

黒猫のモモから見る人間の戦争はおかしなことだらけ。

爆撃で死んでしまったお兄さん。
爆弾の影響で病気になり入院してしまったお母さん。
毎日壁に向かって動かないお父さん。
心の病にかかってしまったお姉さん。
お母さんの始めたトマト畑を一生懸命守ろうとするももと弟のびびちゃん。
命令に逆らうと殺される、と兵隊になって人を殺す、たるびの君。

戦争は、ほんのささやかな幸せさえも得ることを許さず、
家族を壊し、何もかも奪い、
お母さんもお父さんもびびちゃんも、ももを置いて死んでいってしまう。
最後に残されたももとモモは、水に抱かれるように沈んで川に身を投げ、
やっと家族の元へ帰っていく、というお話。

戦争の残酷さを思い知らされる本です。


作者の山本けんぞう氏は、テヘランやプノンペンの特派員の経験を持つ
NHKの国際部記者。
残酷な現実を見てきた筆者だからこそ書けるのだと思いますが、
それをストレートに書かずに、児童書としてしっかりとメッセージを伝えているのが
すごいな、と思います。
[PR]

by marin_star | 2008-05-12 23:59 | その他  

ホームレス中学生(田村 裕・ワニブックス)

これもmayuが中学の図書館から借りてきました。
でなきゃ、一生読まないだろうな的な本ですね、私の場合。
150万部突破!と帯にあります。スゴイですね~^^;

良くも悪くも奇想天外な中学時代を送った筆者の経験だけが
ものをいう作品です。
本人もあとがきに書いているとおり、文章力は無いし。^^;

面白かったですよ、サラッと読めて。
ま、特別あまり感想もないんですけど。


ワケも分からないままホームレス生活を始めた中学生の田村少年にとって、
突然「か、解散!」と言ったお父さんの心境とか、
親戚に引き取られなかった理由とか、
きっとあまり理解できていなかったと思うので、
そのへんの状況説明がなんとも曖昧で、「ふつう、おかしいやろ!?」と
ツッコミたくなりますが、それはそれ。
分からないことを執筆のために調べて物語の筋を強化する、なんてことを
全くやっていないところに、好感が持てます。(笑)

お涙頂戴や感動の押し売りでなく、やたら笑わせようとするわけでもなく。
ただ淡々とホームレス中学生だった頃を思い出しながら書いている感じがして、
嘘がないのが伝わってきて、よかったかな。



2007年 年間ベストセラー(ノンフィクション)部門 第1位
[PR]

by marin_star | 2008-05-12 12:38 | その他  

猫泥棒と木曜日のキッチン(橋本 紡・メディアワークス)

これも、mayuが中学の図書館で借りてきた本。

帯に「捨てられた子どもたちと 捨てられた猫たちの物語」とあります。

父と母に家出され、17歳にしてしっかり主婦感覚が見についているみずきと、
サッカーが大好きな5歳の弟・コウ。
サッカー部のレギュラーだったのに事故で足を損傷し、サッカーを続けられなく
なってしまった健一。
ひょんなことで知り合った彼らは、木曜日の夜に3人で一緒に食べる夕食の時間を
とても大切にしている。

近所の交差点で子猫が捨てられたり、子猫の轢き逃げ事故が多いことから
元凶となる家から猫を盗む計画を立てるみずきと健一。

ちょっと伊坂さんを思い出しました。

足の怪我への過剰な同情と心配を苦痛に思う健一と、
怪我のことなんてうっかり忘れてしまうボーダーレスなみずき。

たとえ犯罪と分かっていても自分の正義のために突き進むみずき。

血の繋がりの有無に左右されない家族の在りかた。

自分では身を守れない弱者への慈愛や、守られない理不尽な世界への怒り・・・

全編にわたって流れている思想や雰囲気が、なんとなく伊坂さんっぽい。
まあ、伊坂さんよりももっとライトな感じだけど。

物語の根底に流れる思想も作風も好きな感じです。
なんだか上手く説明できないんですが、
ちょっと素敵な本に出会っちゃったな、って感じ。
装丁も素敵です。


中学の図書館、あなどれないわ。
[PR]

by marin_star | 2008-05-07 23:15 | その他  

いじめ 14歳のMessage(林 慧樹・小学館)

mayuが中学の図書館から借りてきた本です。

「手元に置いて何度も読みたいから買っていい?」とmayuが言うほど
気に入ったそうなので、読んでみました。

とっても重いお話です。

中学2年の主人公・慧佳。
クラスメイトがいじめにあっているのを最初は黙って見ていたけれど、
勇気を出して「やめなよ」と止めた数日後から、
今度はいじめのターゲットになってしまう。

執拗ないじめ。
助けたクラスメイトも今度はいじめる側に混ざって笑っている。
知らん振りを決め込む教師。
どんどんエスカレートするいじめは、慧佳の心を押しつぶし、
たった一人の友達を信じることも、両親に助けを求めることもできないまま、
学校の窓から飛び降りてしまう。

児童向けの本って、いじめで自殺しても助かって周りも反省してハッピーエンド、って
いう展開が多い気がするけど、この本は違う。
飛び降りた慧佳は、生死の境をさまよったあげく、帰らぬ人となってしまうのだ。

自殺する前に誰かに相談できなかったの?
死ぬ気になれば、生きていさえすればどうにかなったはずなのに。

自殺のニュースを耳にするたびに、なんとなく他人事の私たちは
ついそう思ってしまうけれど、この本を読むと、なぜ相談できなかったのか、
なぜ死ぬ以外に選ぶことができなかったのか、
その本当の気持ちに触れることができる。

軽い気持ちで始めたいじめがこんなにも人の尊厳をめちゃめちゃにすること。
いじめられて死にたくなっても決して死んではいけないこと。
いじめられて悩んでいる人も、いじめをゲームのように思っている人も
みんな、この本を読んでほしい。

「人は愛し愛されるために生まれてくる」
「生きていないと絶対に幸せになれない」

この言葉の意味をじっくり考えてほしいから。


第18回 パレットノベル大賞審査委員特別賞 受賞作品
[PR]

by marin_star | 2008-05-07 22:20 | その他  

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(ママチャリ・ブログ小説)

これはココに書くべきかどうか??^^;

映画のCMは見てたけどブログ小説だとは知らなくて
文庫(小学館文庫)を店頭で見つけ、手に取るとなんと横書き。
あ~、ブログ小説ね~・・・と、ちょっとウンザリ気味にパラパラ見てたら
なんかすっごく面白いので買っちゃったんです^^;

で、家に帰ってから検索かけたら本家のブログ小説を発見。
書籍化・映画化するとブログでは読めなくなっちゃうモノだと思ってたので
ちょっと驚きましたね。
(ブログ削除が条件の書籍化の話は蹴ったそうですよ、あっぱれ^^)

で、ブログ読み始めたら、やっぱりブログで読むほうがずっと面白い~~!!

同じ文章が書いてあってもWebテキストと印刷のフォントってやっぱり違うし、
ちょっとした行間の取り方や文字の大きさでタメやインパクトが変わってくるよね。
1話1ページで一気に読める、っていうのもいいし。

結局、購入した本は、最初のほうだけブログとどこが違うのか・・?って
確認しながらちょこっと目を通しただけ。
ブログのほうに本腰入れて、序章から一気に読破中。

2晩かけて今、8章の途中です。
現在もお話は続いていて、14章が終わって番外編が日々更新されているところ。
(まだまだ続くようなので、早く追いつきたい~)

ということで、異例の読破中レビューとなったわけです^^;


映画の原作になったのは、5章までの分。

駐在さんと「ぼくたち」地元高校生の終わりなき悪戯と逆襲の応酬が
あまりにもバカっぽくて最高に可笑しい!!
もう~、お腹抱えて涙ボロボロ流して笑ってしまいましたよ。
よくもまあ、こんな悪戯を次から次へ考えるなぁ~、と感心するし、
悪ガキ高校生の面々がそりゃあもう個性的でバカでスゴイ。
そして、警察官のクセに地元高校生に対抗して
大人気なく本気で逆襲する駐在さんがすっごい面白い。
その他の登場人物もアクが強くて魅力的なキャラが勢ぞろい。

そして、面白いだけじゃなく、ちゃーーーんとクライマックスもあって
爽やかな青春モノに仕上がってます。

これを毎日更新のブログで書く技量もすごいな、と思いますが、
なにより半分実話というのだから驚きです。

6章以降は、相変わらずのバカっぽい悪戯で笑わせながらも
児童虐待やレイプなど重いテーマも盛り込まれていて、
作者がブログ小説を通していろいろなメッセージを発信しています。

たぶん映画は(観てないけど)爽やか青春コメディ映画になってると思われますが、
映画を観てイマイチ・・と思った方でもブログのほうを読んでみることをおススメします。
おそらく、いや絶対、文字で読んだほうが面白いと思う!

駐在さんは佐々木蔵之助さんとはちょっと違うイメージだしね。
ブログに登場するイラストとキャラにそっくりな俳優って誰だろ?


ブログはこちら⇒ ぼくたちと駐在さんの700日戦争


2008年4月映画化  市原隼人・佐々木蔵之助
[PR]

by marin_star | 2008-04-16 12:30 | その他  

となり町戦争(三崎亜記・集英社文庫)

この作品は、賞を取ったときに新聞広告で何度も見かけて、
ものすごく読んでみたかったんですよね。
あれ~?文庫になるの早いなぁ~、って思ったら映画化されるんですね。

ある日突然、町の広報誌で知らされたとなり町との戦争。
日常生活は何も変わらず平穏なままなのに、
広報誌に掲載される戦死者の数は静かに増えていく・・・

この作品の存在を知ったときはものすごいショッキングでしたね。
どんな話なんだろう・・ってものすごく惹かれたのを鮮明に思い出します。

ところが・・・

(以下、これから読んでみたいと思っている方はお読みにならないでください。)



全く面白くなかったです。。。

まず、となり町と戦争しなければならない理由が全く分からないし、
主人公の「僕」が突然通達を受けた偵察の任務というものも
なんだかよく分からない。
パートナーとなる香西さん(女性)との関わり方も、
他の登場人物もあまりにもリアリティがなさすぎて、
読んでいてハラハラもしないし、この先どうなるんだろう?みたいな
期待感も湧かない。

う~~~ん。。。。

確かに今までなかった感じの小説ではあります。

読み終わったあとも、これで終わりなの?って感じです。

文庫のために書き下ろした「別章」のほうがけっこう良かったりして。
(まあ、これも本篇を読まないと何にもわかんないけど。)


ただ、戦争って実際はこういうものなのかな、って思った。
例えば、日本が戦争してたときだって、
戦火のないものすごい地方の人たちは別に普通の生活を静かに送っていて、
(もちろん身内が徴兵されたり、ってことはあったと思うけど)
戦争の始まりも終わりも誰かが勝手に決めてしまって、
戦争する理由だって、説明されたってワケのわからないものだったろうし、
不本意でも意味が分からなくても従うしかなくて。
戦地の様子とか戦死者の数とかはラジオとかで聞くしかなくて、
もしかしたら戦争へのリアリティなんて感じてなかったのかもしれない。
戦争によって地域振興する考え方だって、
規模は違ってもアメリカなんか同じともいえる。

でもね、読み物としては面白味のまるでない本でした。
ゴメンナサイ。



三崎さんの他の作品ってどうなんでしょう?
「失われた町」とか「バスジャック」も気になってるんですけどね。。。。


第17回小説すばる新人賞受賞作
[PR]

by marin_star | 2007-01-25 22:59 | その他  

アルキメデスは手を汚さない(小峰 元・講談社文庫)

懐かしいですね。
昔々、兄の部屋にあった単行本を読んだことがあります。
「プラトンは赤いガウンがお好き」とか「ソクラテス最後の弁明」とかも。
・・・しかし、全然中身覚えてない・・・^^;
たぶん、中学生くらいに読んだので、当時は難しかったんでしょうね~。

東野圭吾さんがミステリを書くきっかけになった・・と
「あの頃ぼくらはアホでした」の中でも書いていたので、
また読んでみたいなぁ~と思っていた矢先に復刊。
さすが、出版社は抜かりないね。
東野さんの直木賞受賞がなかったら復刊はなかったでしょうけど、
今読んでもけっこう面白い。

確かに時代背景とか、登場人物の会話とか観念とか、古いです。
今ドキこんな高校生、理解できないでしょう~。。。と思いますが、
「アルキメデス」というダイイングメッセージあり、毒盛り事件あり、
時刻表トリックあり、密室トリックあり、・・・と本格推理テンコ盛り!
どんどんたたみかけるように事件が展開していくので、
時代の古さを感じつつも、けっこう面白く読めてしまいます。

(高校時代の東野さんが喰い入るように読み耽っている姿を想像すると
さらに楽しい^^)


まあ偶然の重なりで解決するみたいなところはありますが、
当時の高校生が自分たちの生き方を必死に模索しているさまや
彼らなりのポリシーを持って事件に絡んでいく一途さは
なかなか読み応えがあります。

終盤間際のどんでん返しもあり、ラストシーンもかなり印象的。
あー、こういうのも東野さんが影響を受けた部分なのかな、なんて
想像してしまいました^^




第19回江戸川乱歩賞受賞作
198?年初読  2006年9月再読
[PR]

by marin_star | 2006-11-02 12:56 | その他  

号泣する準備はできていた(江國香織・新潮文庫)

厚さ1cmにも満たない薄~い本の中に12篇が収まった短編集。
苦手な範疇に確実に入る本だったんですが、
最近の女流作家マイ・ブームと「直木賞受賞作だもんなぁ~」という
好奇心が勝って、購入。


(いつものことながら、これから読む予定の方は以下お読みにならないで。。。)


偶然の祝福」よりは、心情に共感できる部分があったり、
作者がなんでこういう物語を書こうとしたのかは少し理解できる。

でも、いかんせん、短すぎるのでは??
登場人物たちのある一日や一場面だけを切り取った短編ばかりなので、
普段の日常のように、物語の中で収拾がつかずに終わってしまうエピソードが
ものすごく多くて、スッキリ謎解決!のミステリ好きにはツライ内容です。

受賞作の「号泣する準備はできていた」も、
う~~ん、これが受賞作ですか。。。というのが率直な感想です。
何の予備知識もなくこれを読んで江國ファンになる人っているんだろうか?

「熱帯夜」「どこでもない場所」「手」の3篇は、まあまあ読めた。
あとは消化不良デス。


ごめんなさい。
「きらきらひかる」は大好きです。
[PR]

by marin_star | 2006-10-27 12:45 | その他  

デッドエンドの思い出(よしもとばなな・文春文庫)

久しぶりに読んだなぁ~、よしもとばなな。
デビュー当時の「キッチン」から始まって「うたかた/サンクチュアリ」
「哀しい予感」「TUGUMI」「白河夜船」「アムリタ」・・・
このへんまでは大好きで(まだ吉本ばななだったね…)
よく女友だちへのプレゼントに「キッチン」を選んだりしてたくらい
好きだったんだけど、いつの間にか読まなくなってた・・・。

「これまで書いてきた自分の作品の中で、いちばん好きです。
これが書けたので、小説家になってよかったと思いました。」と
帯に書いてあるのを見て、久々に読んでみようかなぁ~、と手にとりました。

普段使いの言葉ばかりなのにとても彼女らしい独特の言い回し、
切なくてきらきらしてちょっとあったかくなる短編5編です。

なんというか、きっと彼女の感性というか、ものの捉え方というのは、
ものすごく常人離れしているというか、ずーーっと突き抜けたところに
あるような気がするんですよね。

人との距離感とか幸せの感じ方とか、いろんなことが、
俗世を奥底まで見つめていった先のすごくキレイな上澄み液の中のような
透明な世界のお話っぽい。
登場人物の悩みや環境はとてもリアルなのに、
出てくる男女の距離感や関わり方がとてもピュアで潔く、
生々しさがないんです。
そして幸せの尺度も、ものすごくベーシックで純粋で研ぎ澄まされています。
そうだよね、こういうふうに幸せを感じて満たされていくことが
かけがえのない人生を大事に生きるということなんだ、と思ったりします。

つらくて切ないことがあっても(あったからこそ)、
心の中に眠っているかけがえのない宝物が
いつかきっときらきらした光を感じて輝きだすときがくる ―――。
そんな幸せで満たされていく瞬間瞬間を、とても温かく切なく描いています。

心がちょっと疲れたときや、つらくて癒されたいときに読みたい、
そんな短編集です。





余談ですが、彼女は大学の同級生。
ゼミが違ったので会話したこともありませんが・・・^^;
[PR]

by marin_star | 2006-08-27 22:50 | その他  

グッドラックららばい(平 安寿子・講談社文庫)

う~~ん。。。なんだかなぁ~・・・

(いつものことですが、
未読の方、これから読む可能性のある方はお読みにならないでください!)



“他人の迷惑顧みず、「自分の気持ち」に素直に生きるタフな4人がここにいる。
けちなモラルや常識なんて笑い飛ばす、新しい家族の物語。”
・・・という裏表紙のコピー。
「本の雑誌 おすすめ文庫王国 2005年度第1位」。
そして平積みの横に付けられた手書きのPOP(内容は忘れたけど絶賛してた・・・)。

これに騙されました。
全然知らない作家さんだけど、ちょっと面白いかも?って。。。

全く共感できず。

なんか、
自由奔放に生きていても家族は自然に繋がってるのよ、
みたいなおとぎ話なの?
まるで現実感なし。
周りを振り回しても「あたしはあたし」でマイペースに生きることが
そんなに素敵?

うーーーーむ、全く理解できません。


プチ家出から何年も戻らない母を夫や娘がどのように捉え、
目の前の生活をやりおおせていくかはけっこう興味深かったのですが、
後半、肝心の母親の目線から語られる真実は勝手このうえなくて、
ホントの家族ならハラワタ煮えくり返りですよ、普通は、ね。
なのに、
最後はなんだか丸く収まってしまう、あー、摩訶不思議。

これが新しい家族、新しい人生・・・といわれてもねぇ。。。
(私は古いまんまで結構です、って思うよ。)


しかも、作者が
「これが代表作になる予感がします」なんて言ってしまって
著者紹介や帯に印刷されちゃってるなんて、
ちょっと浅はかすぎやしませんか?
これが代表作なら、もう他の作品は読みませんよ、絶対。



うーーん。。。超辛口になってしまった。
今にして思えば、解説書いてる人も好きじゃなかったしね。。。
(トホホ。いいとこなし、です。)


ということで、「その他」行き。ゴメンナサイ。
[PR]

by marin_star | 2006-08-07 22:54 | その他