カテゴリ:貫井徳郎( 3 )

 

修羅の終わり(貫井徳郎・講談社文庫)

いや~、重かった・・・
貫井さんの重厚で読み応えのある叙述トリックの大長編です。
さまざまな事件・人物が登場し、とても複雑な構成ですが、
大きく分けて、次の3つの物語を軸に進んでいきます。

ある日突然、記憶を失った青年。
彼の前に「あなたは前世で私の恋人だったのよ」という女性が現れ、
偶然出会った昔の知り合いからは姉の死を知らされる。
なぜ姉は死んだのか?自分は誰なのか?

心の奥底にぞわぞわとうずく「蟲(むし)=邪悪な存在」を自覚しつつ、
売春組織を追う警官・鷲尾は、逮捕拘留した女性への強姦の濡れ衣で
警察を追われてしまう。
自分を陥れた人物への復讐、そして胸に巣食う「蟲」への衝動は
一気に増幅を始め・・・。

スパイ養成を任務とする“桜”としての密かな訓練を受け、
一般人をスパイとして操る「裏の公安」刑事・久我。
任務のためなら一般人の人格否定も厭わない冷酷無比な上司・藤倉の
やり方に戸惑いを感じながらも、藤倉に操られるように修羅の道へ
入っていく・・・。

この3つのストーリーが、
それぞれ同時進行なのかもはっきりと明かされないまま、
錯綜するようにかわるがわる展開していきます。
「どこで繋がるんだろう?」
「ここで出てくる人物は、他の物語のあの人物なのか?」
・・・とめまぐるしく頭をフル回転させながら読まさせられてしまいます。
ラスト1行まで真相が分からない!

読後に残された思いは、鉛のように重いです。
暴力・陵辱・憎悪・復讐・殺意・粛清・存在否定・・・
さまざまな邪悪なものが渦巻く「修羅」の道。
「修羅の終わり」に救いはあるのか?


読み終わると一気に疲れが出るほどヘビーな内容でしたが、
とても考えさせられました。
ずっしりと重いテーマ、張り巡らされた叙述トリック、
まさに貫井さんの本領発揮ですね。
「慟哭」と似たものを感じました。
[PR]

by marin_star | 2006-06-23 12:32 | 貫井徳郎  

被害者は誰?(貫井徳郎・講談社文庫)

へぇ~、貫井さんもこういう小説を書くんだ・・・
というのが、正直な感想です。

なにしろ、今まで読んだ貫井作品は
「慟哭」と「症候群」シリーズなので。。。
今回の作品はとんでもなく意外で、作者名を伏せられたら
貫井さんだとは絶対気付かないでしょう~。

以下、未読の方・これから読もうという方はお読みにならないでください。
(個人的見解ですが、あまりいいことは書いていません。)


「被害者は誰?」「目撃者は誰?」「探偵は誰?」「名探偵は誰?」の
4編が収められている、いわゆるフーダニットの連作集です。

最初に言っておきますと、
もともと私は、誰かが最後に推理を披露して解決してしまうだけの小説が
好きではありません。
(もう、これだけでかなりこの作品は分が悪いです・・・)

かなり軽い文体で、登場人物も軽いです。
肩のチカラを抜いて、ヒマつぶしに読むにはいいのかも。

でも、私はあまり笑えなかったし、「本格推理」ということですが、
ふ~ん、って感じでした・・・

現職刑事が、知り合いの切れる人物に事件の相談をしにいって、
その人物が事件のあらましを聞いただけで解決してしまう。
・・・こういう設定で思い浮かぶのは、東野作品の草薙&湯川。
湯川くらい個性が強烈だと面白いんですけど。

この作品の吉祥院慶彦は、
「著者近影を見ただけでも失神してしまうほど美形で
超天才のベストセラー・ミステリ作家」と書かれているものの、
それがあまり物語に生かされてない感じです。
吉祥院が「美形」であるがゆえに解決できた事件とか、
笑いを誘うエピソードがないので、
美形でなくても関係なかったじゃんって思うのですよ。

後輩をこき使う性格の悪さと図々しさ、その後輩とのかけ合いなんかは
ところどころクスっと笑えるところもあったけど、
それほどでも・・・って感じかな~。

「痛快無比!」「本格推理の傑作」というコピーには騙されました。
4編読んだものの、あまり心に残るものがなく、
すでに内容をあんまり思い出せません~~。
[PR]

by marin_star | 2006-05-26 12:17 | 貫井徳郎  

慟哭

ちょうど白装束集団がTVに現れる直前に買った本。
怪しげな新興宗教が描かれていて、妙なリアリティが…。
最愛の子を誘拐・殺害された親の哀しみ・怒りは
いつまでも消えることなく、狂気ともいえる慟哭が
破綻した行動へと突き動かしていく・・・。
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:05 | 貫井徳郎