カテゴリ:福井晴敏( 2 )

 

Twelve.Y.O.

江戸川乱歩賞受賞作。
『川の深さは』に続いて自衛隊の存在意義を問う問題作でもあり、
親子や家族の絆を問う人間ドラマでもある。
この作品もやはり、命を賭けて戦う人間の強さ・哀しさ・辛さが描かれ、
そこまで人を突き動かす【絆】とは何か、問いかけてくる。

*あらすじ*
たった一人のテロリスト『12(トゥエルヴ)』によって、
沖縄の米海軍が撤退した。
最強のコンピュータウィルスを使って米国防総省を脅迫し続ける
『12』の正体と真の目的とは?
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:31 | 福井晴敏  

川の深さは

命を賭けて救う大事なもの…真っすぐに問いかけていながら
青臭さを感じさせない、強い情熱と強い生命力に溢れた物語です。
純粋な若者の一途な目に突き動かされて
少しずつ変わっていく主人公。
あきらめてばかりの怠惰な生活にエネルギーを与えてくれる一冊です。

*あらすじ*
無気力な警備員生活を送る元警官の桃山。
ある日深い傷を負った少年を助けたことから
国家的陰謀を暴く戦いに巻き込まれていく…。
本当に守るべきものは何か?
命を懸けての戦いの行方は?
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 17:23 | 福井晴敏