ホームレス中学生(田村 裕・ワニブックス)

これもmayuが中学の図書館から借りてきました。
でなきゃ、一生読まないだろうな的な本ですね、私の場合。
150万部突破!と帯にあります。スゴイですね~^^;

良くも悪くも奇想天外な中学時代を送った筆者の経験だけが
ものをいう作品です。
本人もあとがきに書いているとおり、文章力は無いし。^^;

面白かったですよ、サラッと読めて。
ま、特別あまり感想もないんですけど。


ワケも分からないままホームレス生活を始めた中学生の田村少年にとって、
突然「か、解散!」と言ったお父さんの心境とか、
親戚に引き取られなかった理由とか、
きっとあまり理解できていなかったと思うので、
そのへんの状況説明がなんとも曖昧で、「ふつう、おかしいやろ!?」と
ツッコミたくなりますが、それはそれ。
分からないことを執筆のために調べて物語の筋を強化する、なんてことを
全くやっていないところに、好感が持てます。(笑)

お涙頂戴や感動の押し売りでなく、やたら笑わせようとするわけでもなく。
ただ淡々とホームレス中学生だった頃を思い出しながら書いている感じがして、
嘘がないのが伝わってきて、よかったかな。



2007年 年間ベストセラー(ノンフィクション)部門 第1位
[PR]

by marin_star | 2008-05-12 12:38 | その他  

<< バグダッドのモモ(山本けんぞう... 猫泥棒と木曜日のキッチン(橋本... >>