あの頃ぼくらはアホでした(東野圭吾・集英社文庫)

ずーーっと避けていた本でした(苦笑)。
なぜなら、エッセイというものがとても苦手な私・・・。
でも、大好きな東野さんの頭の中をちょっと覗いてみたい~~・・と、
まあ、ダメもとで(ひどい・・^^;)読んでみました。


ワルの巣窟、悪名とどろくオソロシイ学校で学級委員をやっていた
“命がけ”の中学時代。日本で最初に学園闘争が起こり、制服が
廃止されたという「有名校」での熱血高校時代。
花の体育会系&“似非(えせ)理系”だった大学時代・・・・(中略)
怪獣少年だった小学生時代から大学を出て就職するまでを赤裸々に
つづる(?!)青春傑作記。

と、裏表紙に書いてありますが・・・


東野さんって怪獣オタクなんだー。



・・・という程度の感想でしたね。。。(再び、苦笑)

怪獣の話以外は、そんなに熱入れて書いてないでしょう?思ってしまうほど、
オタクっぷりを発揮。
おかげで、他の話がかすんじゃって、覚えてないよー。


ってわけで、パラパラめくりなおすと。。。

あー、そうそう。面白かったのがあった、あった。
読書嫌いだった東野さんが、初めて推理小説を書いたときの話
「読ませる楽しみ、読まされる苦しみ」、
貧乏スキーで無茶をした「何かが違う」、
高校の文化祭で映画制作をした「あの頃僕らは巨匠だった」の3つ。
ちゃーんとオチがあるところが、東野さんらしくて
思わずプっと笑えました。



怪獣ネタはねえぇ~・・・男の人で同年代なら熱く読めるかも。
私の兄と東野さんが同年代ともいえるので、
「ウルトラQ」とかも全くわからないわけではないのが救いだったかな・・^^;


怪獣ファン、あるいは無類の東野さんファンの方以外は、
本屋で素通りしてよいかもしれません~。
[PR]

by marin_star | 2006-09-03 21:47 | 東野圭吾  

<< MOMENT(本多孝好・集英社文庫) デッドエンドの思い出(よしもと... >>