修羅の終わり(貫井徳郎・講談社文庫)

いや~、重かった・・・
貫井さんの重厚で読み応えのある叙述トリックの大長編です。
さまざまな事件・人物が登場し、とても複雑な構成ですが、
大きく分けて、次の3つの物語を軸に進んでいきます。

ある日突然、記憶を失った青年。
彼の前に「あなたは前世で私の恋人だったのよ」という女性が現れ、
偶然出会った昔の知り合いからは姉の死を知らされる。
なぜ姉は死んだのか?自分は誰なのか?

心の奥底にぞわぞわとうずく「蟲(むし)=邪悪な存在」を自覚しつつ、
売春組織を追う警官・鷲尾は、逮捕拘留した女性への強姦の濡れ衣で
警察を追われてしまう。
自分を陥れた人物への復讐、そして胸に巣食う「蟲」への衝動は
一気に増幅を始め・・・。

スパイ養成を任務とする“桜”としての密かな訓練を受け、
一般人をスパイとして操る「裏の公安」刑事・久我。
任務のためなら一般人の人格否定も厭わない冷酷無比な上司・藤倉の
やり方に戸惑いを感じながらも、藤倉に操られるように修羅の道へ
入っていく・・・。

この3つのストーリーが、
それぞれ同時進行なのかもはっきりと明かされないまま、
錯綜するようにかわるがわる展開していきます。
「どこで繋がるんだろう?」
「ここで出てくる人物は、他の物語のあの人物なのか?」
・・・とめまぐるしく頭をフル回転させながら読まさせられてしまいます。
ラスト1行まで真相が分からない!

読後に残された思いは、鉛のように重いです。
暴力・陵辱・憎悪・復讐・殺意・粛清・存在否定・・・
さまざまな邪悪なものが渦巻く「修羅」の道。
「修羅の終わり」に救いはあるのか?


読み終わると一気に疲れが出るほどヘビーな内容でしたが、
とても考えさせられました。
ずっしりと重いテーマ、張り巡らされた叙述トリック、
まさに貫井さんの本領発揮ですね。
「慟哭」と似たものを感じました。
[PR]

by marin_star | 2006-06-23 12:32 | 貫井徳郎  

<< 殺人の門(東野圭吾・角川文庫) オロロ畑でつかまえて(荻原浩・... >>