イン・ザ・プール(奥田英朗・文藝春秋)

文庫になったのを知らずに、リサイクル本を買ってしまいました・・・

面白かった!

最初は、TVドラマ化された阿部寛のイメージが強くて、
(ドラマは見てないので、あくまで阿部さんのイメージね・・・^^;)
注射フェチ&マザコン、おまけにトドのような小太りの伊良部先生キャラに
ついていけませんでした・・・(爆)

だいたい、精神科とかいいながら治療らしいものを全くしてないし、
どちらかといえば、患者に迷惑かけてばかりいるし。
なんなのよ、この‘キモイ’キャラは。。。

と、思ってたわけ。
(半分読み終わった時点で確かにそうだった!)

ところが読み終わってみると、
なんか、もしかして、伊良部先生ってチャーミング!?
「なんなんだ、この人は・・」と思いながら通院してしまう患者さんたち同様、
私も伊良部キャラにいつしか癒されていたのかも・・・^^;

麻薬よりも強力(?)な不思議な伊良部ワールド。
「空中ブランコ」も早く読みたい!
[PR]

by marin_star | 2006-03-15 22:53 | 奥田英朗  

<< 噂(荻原 浩・新潮文庫) おせっかい(松尾由美・新潮文庫) >>