ドミノ(恩田陸・角川文庫)

うわ~~、面白かった!
もう、掛け値なしの面白さ!!
ジェットコースタームービーのような怒涛の展開、
それぞれの事情を抱えて東京駅を舞台にもつれ絡まり合う、
27人+1匹の登場人物たち。
しかもそれぞれがやたらと切羽詰った局面に追い込まれていて、
普通では考えられない必死の行動に。
本人たちが必死なだけに、次々と思いもしない事態に転がっていく様は
まさに「抱腹絶倒」「パニック・コメディ」!!!
結末に向けてどーーーーーーーーっと加速するスピード感あふれる展開は、
もうホントに息も付けない面白さ!で一気読みでした。

最初は登場人物が多くて、どうなんだろ~?と思っていましたが、
(個々の人物像が薄っぺらなのでは?なんて思って・・・)
それぞれが強烈な個性で生き生きと描かれていて、
登場人物が覚えられない、なんてことは全然ありませんでした。
これだけたくさんの人間を絡ませて中ダルミもなく、
突っ走るストーリー展開には脱帽です!
[PR]

by marin_star | 2005-06-15 22:08 | 恩田 陸  

<< ゲームの名は誘拐(東野圭吾・光... オーデュボンの祈り(伊坂幸太郎... >>