変身(講談社文庫)

いやぁ~、恐ろしい・・・。
脳移植によって、今までの自分がドナーの脳に侵食されていく!?
自分の中に別の人格が存在する二重人格とはまた違って、
温和だった性格がだんだん自分の手に負えない部分で凶暴化していったり、
熱中していた油絵が描けなくなっていく、侵食される恐怖・・・
これって自分が壊れていく~~~!って感じで、ホントに怖いかも。。。


*あらすじ*
平凡でまじめな青年が事故にあい、世界初の脳移植手術を施される。
適合性の全てにおいて合致するドナーが奇跡的に存在したのだ。
千載一遇のチャンスを逃したくない研究者たち。
手術は大成功をおさめるが、手術後どんどん性格が変わっていく青年。
恋人への愛情にも変化が起こり、攻撃的になっていく性格を止められない。
ドナーに疑問を持ち始めた青年は、自己崩壊の恐怖を戦いながらドナーの正体・
研究者たちによって隠蔽されようとしている事実を突き止めようとするが・・・。
[PR]

by marin_star | 2005-01-24 11:54 | 東野圭吾  

<< パーフェクト・プラン(宝島社文庫) 十字屋敷のピエロ(講談社文庫) >>