白夜行

19年前の事件から描かれ続ける少女と少年の
成功の裏にある悲劇はあまりにも哀しくやりきれない。
文庫なのに厚さ3cm以上!1000円もしたけど、
その価値は余りあるほどでした^^。

*あらすじ*
19年前迷宮入りした殺人事件の容疑者の娘と被害者の息子。
二人は全く接点のないままそれぞれの人生を生き抜いていくが、
二人の周囲には幾つもの恐るべき犯罪が見え隠れする。
緻密な構成と叙事詩的スケールで心を失った人間の悲劇を描く
長編ミステリ傑作!
[PR]

by marin_star | 2004-09-01 22:02 | 東野圭吾  

<< 虹を操る少年 分身 >>